コスメ 金属アレルギー

コスメと金属アレルギー

コスメと金属アレルギー

 

「金属アレルギー」と言えば、「そんなアレルギーあるの?」という方もいますし、「腕時計とかアクセサリーね?」
という人もいます。
しかし、皆さんがいつも使っているコスメでも、金属アレルギーを起こす物質が含まれているものがあります。

 

メイクに使用するコスメには、酸化鉄や酸化チタンが含まれているものが多数ありますので、これにアレルギー
反応を示す人が出てしまうのです。

 

昔の白粉には鉛が含まれており、日常的に使用する人には鉛毒の症状が見られる人が続出しました。

 

また、直接の金属ではなく、シリコーンオイルや、酸化ジルコニウムシリカなどの、これらをコーティングしている
物質に反応してしまう人もいるようです。

 

アレルギー反応の困ったところは、その成分がごく微量でも反応を示してしまうこと、また、瞬時にその反応が
出てしまうことです。
特にコスメは「顔」に使用するもののため、アレルギー反応による肌トラブルが出ても、隠しようがありません。

 

コスメは、こうしたトラブルを未然に防止するために、「全成分表示」が義務付けられています。
バルクオムは、日焼け止め THE SUNに酸化チタンを含んでいる以外、洗顔料、化粧水、乳液には金属
アレルギーのアレルゲンとなる物質は一切含んでおりません。

 

安心してご使用ください。

 

肌トラブル

 

 

アレルゲンとなる金属

 

コスメには色調を整えたり、抗酸化力を与えたりと、様々な効果のために金属を含む商品があります。

 

金属アレルギーをお持ちの方は、成分表示を確認してから購入しますが、今まで発症しなかった方も、ある日
突然発症することがありますので、できるだけ避けた方が良い成分と言えます。

 

汗などで溶け出したアクセサリーの一部が、皮膚に浸透する「経皮吸収」によって発症した場合は部分的な
反応を示し、歯の詰め物や被せたものから経口吸収された金属は、全身に反応が表れます。

 

金属アレルギー

 

 

コスメに含まれる主な金属

 

金・銀・銅・鉄・プラチナ・パラジウム・チタン・酸化鉄・亜鉛・ニッケル・クロム
コバルト・アルミニウム・パラジウム・マンガン・ジルコニウム・イットリウム・バナジウム

 

特に、ニッケル、クロム、コバルトは、他の金属成分の不純物として含まれることもあり、
その場合は成分表に表示されていませんが、アレルギー反応は示します。

 

 

そもそもバルクオムは、日焼け止のチタン以外に、成分表示が必要とされる金属
を含んでいないため、その不純物として、別の金属成分が混入することもありません。

 

 

 

公式サイトへ

 

 

 

 

 

 

toppage

リンク集

関連ページ

経口吸収と経皮吸収
食物に含まれるアレルゲンのほとんどは口から体内に吸収されますが、花粉などのアレルゲンは実は皮膚から吸収されて、アレルギー症状を引き起こしています。どの様に違いがあり、どの様に気をつけなければならないのでしょうか?
花粉光環
花粉症で悩んでいる方にはおぞましい、きれいな光の環があります。 太陽の周りにこれが出ると、花粉の飛散量が多くなっていると判断できます。