メンズスキンケア おすすめ 必要

スキンケアのすすめ

男性にもスキンケアのすすめ

 

「スキンケア」ってなに?

 

スキン(skin)のケア(care)ですから、そのまま訳せば「肌の手入れ」です。
保湿をメインに、美白や栄養を与えるためにコスメや器具を使用して行為を行うことを指しており、
それで肌の健康を維持すれば、必然的にバリア機能も効果的に発揮され、体を守る事になります。

 

また、日常的に正しいスキンケアを行うことは、若さを保つ「エイジングケア」にも直結
しながら、ニキビや吹き出物などのトラブルを予防する効果もあります。

 

 ●乾燥を防ぐこと(潤いを与え、保湿すること)
 ●肌荒れを防ぐこと
 ●有害な刺激から保護すること
 ●キメや状態を整えること
 ●ハリを与えること

 

そういった意味では、コラーゲンやセラミド、プラセンタなどを摂取して、体内から手入れを
行うことも、スキンケアの一つと言えるでしょう。

 

「スキンケア」という言葉は、最近まで日本の男性にはほとんど無縁でした。
そのため、長い間口コミで広がるようなメンズコスメもありませんでした。

 

実は、日本では男性の方が化粧の歴史が古く、平安時代から江戸時代に至るまで
武家や公家などでは、白粉を塗ったりする「メイクアップ」の習慣がありました。

 

対して女性は、日常の家事の中で、米糠や大豆油などにスキンケア効果があることを
経験の中から実感し、、さらに隠すことができない顔をメインに、へちま水やうぐいすの糞
など、天然のコスメに効果を見出し、意識的に使うようになりました。

 

また、このようなスキンケア用コスメは、白粉などとは違って、町の中で口コミで広がる
ことになります。
江戸時代には、宣伝には自分の経験に基づく口コミがメインでした。

 

一方、男性の方は、大正4年の新聞には、乳液と、バニシングクリームの広告が、
スキンケア用のメンズコスメとして掲載されているものが最も古いものになりますが、
残念ながら、これがバルクオムの始まりではありません。(笑)

 

博士

 

文明の世の紳士威儀を保つ上に欠くべからざる男子の美容料」として、「男子に何が美容料だ! 
堂々たる男子に美容料の必要が何処にある!とおっしゃるな、美を好むは人間の本性のしからしむる所で其所に
何ら男女の差別はない。
一個の男子として世に立ってゆくには容姿の端麗ということに不断の留意を用いることが肝要です。


 

しかし、これ以降も昭和30年代に販売された、一部メーカーの商品が存在する以外は、平成20年代に
至るまで、男のスキンケアは全く理解されておらず、大部分の人には誤解や嫌悪感を持たれていました。
口コミどころか、コスメの話題さえ持ち出せなかった、無意識の空間が存在しました。
その中で、数年前から男のために、ハッキリと効果と必要性が認識されたのがメンズコスメです。

 

とは言うものの、やはり男のスキンケアのきっかけは、乾燥肌や肌荒れではなく、ニキビと吹き出物である
ことは事実ですね?

 

この男のスキンケアのために、貴重な天然由来の成分と1%の配合にこだわって、多くのデータと最新の
技術で作られたのが、口コミで広がる究極のメンズコスメ「バルクオム」です。

 

 

正しいスキンケアの効果

 

なぜスキンケアをするのか?それは、健康な肌を守る効果があるからです。
使うコスメや方法を誤れば肌トラブルを生み、正しければこんなに効果があります。
バルクオムを正しく使って、確かな効果を実感してください。

 

 

適度な洗浄力がもたらす効果

 

スキンケアの入り口は「洗顔」だと言われます。
顔を清潔に保つために行うのが洗顔ですが、洗顔料選びと洗顔方法を間違えると、
肌トラブルの原因となります。
洗顔は、自分に合った洗顔料を使って、正しい方法で行ってください。

 

 

洗顔とニキビ

 

 洗顔とニキビには密接な関係があります。
 誤解されていますが、皮脂をしっかり洗い落とせば、ニキビができにくいと思っている方がいます。
 また、同様にニキビが治ると思っている方もいます。
 しかし、そうではありません。

 

 できてしまったニキビに悩みながら治療するのではなく、予防の意味で、バルクオムで正しい洗顔
 をしていると、自然にニキビができにくい健康な肌になります。

 

 

●不十分な洗顔

 

・洗顔が不十分で、肌に汚れや余分な皮脂が残っていると毛穴に詰まり、そこにアクネ菌が働いて
 炎症を起こし、ニキビとなります。
 アクネ菌は本来「日和見菌」であることから、ニキビができる状態の皮膚環境は、常在菌のバランス
 が崩れて、悪玉菌優勢の状態になっていると言えます。

 

・不十分なすすぎも、顔に洗顔料の成分が残り、かぶれや湿疹などの原因となります。
 滑りが無くなるまで、洗顔料は完全に洗い落としましょう。

 

 

●過度な洗顔

 

・過度の洗顔で、本来必要な皮脂まで洗い落としてしまった場合、洗顔後は一気に乾燥肌に向かいます。

 

・乾燥肌は、角質の収縮によって間隔が広がり、バリア機能が弱くなって外部からの刺激を防御出来なくなります。

 

・乾燥肌は、水分の蒸発を防ぐために、過剰な皮脂を分泌するように肌質が変化し、ベタ付いた脂性肌へと
 発展します。
 完全に脂性肌になった場合、回復するまでにはケアを続けながら約3ヶ月を要します。

 

・過剰に分泌された皮脂は、毛穴の詰まりの原因となり、不十分な洗顔の場合と同様、ニキビの原因と
 なります。

 

洗顔と泡立てネット

 

 

保湿力がもたらす効果

 

ここまでで、乾燥がニキビの大きな原因であることがお分かり頂けたと思います。
洗顔後の水分補給と保湿をしっかり行うことで、健康でニキビができにくい肌になります。

 

水分補給とニキビ

 

・洗顔後は、水分を拭きあげた瞬間から乾燥が始まります。
 一般的には、洗顔後30秒以内に化粧水を使用することが推奨されています。
 乾燥する前に、一刻も早くバルクオムの化粧水で浸透性の高い、良質の水分を補給してください。

 

・適度な水分を補給することで、バリア機能を維持し、外部からの刺激から肌を守るとともに、常在菌の
 バランスも適切な状態につため、日和見菌であるアクネ菌は善玉菌として機能します。

 

保湿とニキビ

 

・ニキビの原因の一つである乾燥肌にさせないために、長く効果的な保湿は大切な要素です。
 多くの男性が「ベタつく」ことを理由に敬遠する中、ベタ付かないバルクオムの乳液は、理想的な男性向け
 乳液として、ニキビ予防に効果的と、口コミでも高評価です。

 

にきび

 

バルクオムは肌トラブルを治すのではなく、トラブルを防ぐ効果のメンズコスメです。
今までに広がっている「治った」という口コミは、肌が正常に戻ったことによって症状
が出なくなったり、未然に防ぐことができたというものです。

 

 

もう一つの効果

 

エイジングケア

 

・バルクオムの商品を、毎日正しく使っていると、トラブルを防ぎ、健康な肌を取り戻すこと
 によって、必然的にもう一つの効果が表れます。
 それはエイジングケア

 

しっかり保湿されてキメ細やかに整った肌は、ぷるぷるの弾力であなたを若く見せると、口コミにも書かれています。
いや、それが今の貴男の年齢の本当の見た目なのです。
貴男にその気が無くても、バルクオムを使うと、同年代とは若さで見た目に大きな差が付いています。
「ニキビは青春のシンボル」という根拠のない話で、トラブルを抱えて若く見えても仕方ありません。

 

さあ、若く見えるか?老けて見えるか?貴方はどっち?体験したら口コミしてみませんか?

 

 

公式サイトへ

 

 

 

男女の肌質の違い

 

女性は20〜30代をピークに皮脂量が次第に減少していきますが、水分は20代前半でピークを迎えます。
人によっては水分が減少しながら、皮脂量をキープする場合もあります。

 

一方、男性は10〜50代まで、ほぼ一定量の皮脂が分泌されます。
一般的に男性の皮脂量は女性の3倍、水分量は半分以下とも言われており、シワになりやすく、
ギラつきやすい、ニキビができやすい体質です。
そう言えば、中学生、高校生の頃、顔にニキビがあるのは男子生徒の方が多かったですね?

 

しかも毎日の髭剃りで口の周りから頬、首にかけてのUゾーンはボロボロ!というのが実情です。

 

ですが、女性と同様、年齢と共に保湿力だけは弱くなっていきます。
乾燥した状態に水分を与え、保湿するためのスキンケアは欠かせないものでした。

 

 

肌水分量

 

左の図1は、男女の年齢ごとの肌の水分量の関係を表したものです。
男性12名(平均32.8歳)の平均値は65.8μsですが、女性20名
(平均40.6歳)の平均値は、165μsです。

 

サンプルとなった年齢は、女性の方が高いにもかかわらず、男性に
比べて、肌の水分量がはるかに多いことが解ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

キメ係数

 

次に図2で肌の「キメ」を見てみましょう。
キメ係数を横軸に、水分量を縦軸に取っています。
通常は加齢とともにキメは荒くなるものです。
しかし、水分量調査と同じく、女性の方が平均年齢が高いにも関わらず、
キメ係数の平均は男性が0.44、女性が0.42となり、男性の方が若干
キメがが粗いことが分かります。

 

 

 

 

 

 

 

 

水分蒸発量

 

次に図3で水分量と水分蒸発量の関係を見てみます。
水分蒸発量の平均は、男性が平均32.6g/h・m2に対し、女性は
28.6g/h・m2と、圧倒的に男性の方が水分蒸発量が多いことが
分かります。

 

男性の肌は、女性と同じように水分を補給しても、それを保つ
力が弱いということになり、それが水分量の少なさに直結して
います。

 

蒸発しにくさは、バリア機能の働きを判断することができ、
男性は、乾燥しやすく、バリア機能に劣るということになります。

 

 

 

 

皮脂量

 

最後に水分量と皮脂量の比較です。
これは一目瞭然!サンプルとなった方は今までの3つのデータ
と同じ方なので、当然平均年齢も同じです。

 

ところが、男性が圧倒的に水分量が少なく、脂分が多いことを
示しています。
これがカサカサでありながらベタ付く原因でした。

 

 

 

 

 

                    出展:エフジーシー総合研究所

 

バランス悪い

 

 

実は、男性にこそ、年齢に合ったスキンケアが必要だったのです。
そこで、バルクオムのメンズコスメでスキンケア効果を実感!

 

 

理想の肌の目安

 

理想とされる肌の水分量は、年齢、性別に関係なく40〜50%で、一般的に30%以下で乾燥肌とされています。
一方の脂分の方は規定や目安は無く、水分:脂分が4:1が理想的という説があります。
そして、夏は紫外線の刺激によって、冬は空気の乾燥によって、皆さんの肌は乾燥へと導かれてしまうのです。

 

加えて、オゾン層の破壊による紫外線の到達量が多くなり、さらに平均気温の上昇で熱中症対策として
水分の補給も推奨され、夏に汗をかく量も増えています。
また、花粉やPM2.5、最近ではPM0.1などの外的刺激物も多く報告される時代です。
バルクオムで、乾燥や刺激からのバリア機能を保つためのスキンケアをしませんか?

 

 

つい最近まで、ほとんどの男性に縁が無かった「スキンケア」です。
この中で、全員が毎朝、毎晩欠かさず行っていたのは「洗顔」だけではありませんか?
今まで、男がニキビを気にしながら行うスキンケアは、洗顔だけでした。
でも、その洗顔も、正しく行えていましたか?

 

 

 

高身長でも、スマートでも、髪の毛フサフサでもモテない男は、
身だしなみの減点ポイントが多すぎる!

 

もてない

 

身だしなみの減点ポイント
                                (東京・大阪の男女 1,028人)

 

1位 臭い(体臭)   −54点
2位 ボサボサな髪   −34点
3位 肌荒れ      −18点

 

バルクオムは、肌荒れと体臭対策で心をアンチエイジング

 

 

身だしなみの減点ポイントを減らすのがバルクオム効果

 

女性の評価
女性の本音

 

 

 

 

公式サイトへ

 

 

 

 

toppage

 

リンク集

メンズスキンケアのすすめ記事一覧

今まで多くの男性が縁がなかったのですが、メンズコスメと言えば、メイクアップではなくスキンケアがメインです。それは、唯一外気と接触し、常に刺激を受けていて、かつ人の最大の臓器である肌の健康を維持するという機能のほかに「爽快」とか「爽やか」なイメージももたらします。しかし、誤ったスキンケアをしてしまうと、どちらも水の泡・・・どころか、逆に肌のトラブルを招くことになりかねません。天然成分の高機能メンズコ...

今まで放置しておいた男性の肌に、メンズコスメを使用してのスキンケアが必要な時代になったことは、ここまでご案内してきたとおりです。しかし、加齢とともに肌の質が変わってくることは、避けようがありません。つまり、年齢によってスキンケアの中身は異なり、正しいスキンケアによって1世代前の肌質をキープすることも可能になります。人に会った時に、実年齢よりも10歳以上若く見えたり、逆に老けて見える人がいますね?そ...

冬は空気の乾燥と共に、肌もカラカラに乾燥してカサカサになる、ひび割れる・・・。夏は汗でベタ付くけど、潤ってるから脂っぽい・・・それ、本当ですか?春と秋、同じ気温、同じ湿度、同じ風向風速の日が仮にあったとして、人は春には温かいと感じ、秋には肌寒いと感じるものです。これは、冬と夏にそれぞれの気象条件に体が慣れていたためで、私たちの体の一番外にある皮膚は、その気象条件が起きる外界と、唯一接している、 人...

普通肌とは?バルクオムが皆さんと一緒に目指す、理想の肌です。「普通の肌」と言う意味ですが、大人にとってはこれを保つには苦労が多い、ある意味「特別肌」です。肌質の4つの分類の中で、最も良い状態にある肌質です。理想は、赤ちゃんの「プルプル」「もちもち」「スベスベ」のお肌水分量が40〜50%で水分と脂分の比率は4:1程度が保持された肌は、バリア効果も発揮されて、外部からの刺激にも強い肌です。ケ ア:普通...

皮膚が果たす7つの機能体の外郭を覆う皮膚は、私たちが生きるための大切な役目を果たしています。それはどんな役目なのか?正常な皮膚を保つことは、体の健康を保つためであることを理解して、バルクオムで洗顔から始める正しいスキンケアを行いましょう。体温調整機能私たちの体の体温調整の80%は、皮膚が担っています。暑いと感じて汗を出す、寒いと感じて毛穴を閉じるといった、無意識の体温調整機能の他に、風邪やインフル...

ほとんどの男性の毎朝の行事が「髭剃り」です。身だしなみのため、無精髭を禁止している職場もあって、毎朝出勤前のルーティンとなっていますが、皆さんはどのように髭を剃っていますか?ここではお肌にできるだけ負担をかけない髭の剃り方をお伝えいたします。「カミソリ」ではなく「電気シェーバー」を使う カミソリの方が皮膚表面の角質を削りやすく、より乾燥肌 になる傾向があります。 しかし、どうしても「カミソリ」の方...