メンズスキンケア 化粧水

化粧水で水分を与える

どんな人の肌も、洗顔後は水分の蒸発によって、乾燥肌へ向かいます。
それを防ぐためには、表面の水気を拭き取った後、速やかに角質から奥へ浸透する水分を与える必要があります。

 

保湿は健康な肌の基本となるものです。
逆に、乾燥肌はすべての肌トラブルの元凶となるものなので、この保湿の重要性がお分かり頂けると思います。

 

肌に水分を与えるために必要なコスメが「化粧水」です。
その化粧水にも、目的に合わせて様々な種類がありますので、ランキングサイトに頼らず、ご自分の肌質と、目的に
合わせて選ぶことが大切です。

 

 

化粧水の効果的な使い方

 

今までスキンケアをやってこなかった男性が、いきなり「化粧水」と言われても、使い方が分からなければ上手く効果を
発揮させることができません。

 

勝手なイメージでは、化粧水を手にとって顔に塗り、頬やおでこをパチパチ叩くというものでしょうか?
それは残念な使い方です。
正しい使い方は・・・

 

1.適量を手に取る
2.乾燥しやすいUゾーンから塗り始め、顔全体に延ばす
3.延ばした化粧水は、手のひらで肌に押し込むように、ゆっくり抑える
4.押し込む作業は、マッサージ効果も生む

 

いかがですか?パチパチ叩くパッティングは肌を刺激して、黒ずみの原因となるので避けましょう。

化粧水の種類

男性が知らなかった「化粧水」、実は、目的に合わせて、こんなに種類がありました。

 

 

一般化粧水(柔軟化粧水)

 

 肌への水分補給を目的とし、肌をやわらかく、しっとりと潤す効果があります。
 最も広く使用されているため、それだけ品数も多く、価格帯も広くなります。

 

 

収れん化粧水

 

 余分な皮脂の分泌を抑えると共に、毛穴を引き締めて、肌のキメを整え、
 ハリを与える効果があります。
 過剰な皮脂を取り除く効果がありますので、脂性肌向きですが、アルコール
 濃度が高いため、刺激も強くなっています。

 

 

美白化粧水

 

 シミ・そばかす、黒ずみ対策等の美白を目的とします。
 厚生労働省が認めた美白有効成分が配合されている化粧水で、
 「医薬部外品」の承認を受ける必要があります。

 

 

拭き取り化粧水

 

 肌に残った古い角質や、汚れを除去するための化粧水です。
 ピーリング化粧水とも呼ばれます。
 ターンオーバーを促進させますが、肌の表面を削り取るため、強い刺激を与える
 と共に、バリア機能が低下するなどのリスクがあります。

 

 

アルカリ化粧水

 

 一般的な化粧水は、ほとんど弱酸性の性質をもちます。
 アルカリ化粧水は、肌をアルカリ性にすることによって、角質を溶かして
 柔らかくするのが、拭き取り式化粧水との違いです。
 ターンオーバーを促進しますが、敏感肌や皮膚が薄い方は、早い
 代謝についていけないため、避けた方が無難です。

 

 

ニキビ用化粧水

 

 ニキビ予防、ニキビ跡対策を目的とする化粧水です。
 皮膚常在菌に対する殺菌作用と、抗炎症作用のある成分が配合
 されています。

 

 

プレ化粧水

 

 一般化粧水の前に使用する化粧水で、その後の化粧水の効果を高めること
 を目的とします。
 ハーブウォーターやミネラルウォーター化粧水が多く存在しています。

 

 

日常のスキンケアには、「一般化粧水」がおすすめです。
「収れん化粧水」や「拭き取り化粧水」と表示されていないものがこれに該当します。

 

また、既に乾燥肌を通り越して敏感肌になり、カミソリ負けなどの症状が出ている方には、
敏感肌用の化粧水をおすすめします。
使用した方の口コミ情報などを参考にして、選んでください。

 

また、合成化学物質を多用した商品よりも、天然由来成分を使用した商品
がありますので、ご自分の体質ともよく相談してください。

 

 

 

toppage

リンク集

関連ページ

現状
女性と比べて男性のスキンケアはつい最近になって注目され始めました。それだけに、十分広がっておらず、正しい理解もされていません。
年代別
メンズスキンケアも女性のスキンケアと同様、年齢とともに変化する肌質に合せて変える必要がありますが、加齢による変化の仕方は女性と男性では大きく異なります。
季節で違うスキンケア
スキンケアはいつも同じで良い?いいえ!実は違います。肌の状態は温度や湿度によって大きく変わります。なので、スキンケアも季節によって変える必要があります。
4つの肌質
肌質を知らなければ、正しいスキンケアはできません。 間違ったスキンケアは肌の状態をより酷くし、場合によっては回復までに長期間を要するまで悪化させかねません。 自分の肌質を理解して、正しいスキンケアを行いましょう。
皮膚の機能
皆さんの皮膚は、外界からの刺激から体を守るために、7つの機能を備えています。 スキンケアはその7つの機能を活かして、健康を守るためにも必要なことなのです。
洗顔のポイント
スキンケアの入り口は洗顔です。その洗顔が正しく行わなければ、汚れが残ったり、余計な皮脂を落としてしまったりと、肌に良い影響は与えません。 あなたに合った正しい洗顔を探してみましょう
乳液のポイント
洗顔後の肌の乾燥予防のために着けた化粧水も、保湿しなければすぐに蒸発してしまいます。そこで、 化粧水で水分を補給した後は、乳液で水分の蒸発を防ぎます。バルクオムには乳液も用意されています。
髭剃りのポイント
多くの男性の毎朝の日課が「髭剃り」です。 肌を削り、刺激する髭剃りは、乾燥肌の大きな原因の一つです。できるだけ肌を刺激しないように、優しい髭剃りをご紹介します。