スキンケア 冬

冬のスキンケア

冬は肌にとって最悪の季節と言えるでしょう。
その理由は、低い気温、低い湿度、乾燥した空気、屋内外の温度差など、肌にとって悪い条件がそろっていることにあります。

 

乾燥以外にも、顔が汗をかきにくくなります。
汗は、塩分を含んでいるため、顔から水分を引き寄せますが、その時に毛穴の汚れも一緒に出やすくなります。
しかし、汗をかきにくいために、汚れが毛穴から出にくいばかりか、寒さで毛穴が閉じてしまいますので、
洗顔は特に念入りに行う必要があります。

 

 

ツバキ

 

 

 

 

 

 

 

 

冬のスキンケアはここに気をつけて

 

肌にとって一番厳しい季節「冬」
その冬はなぜ肌に悪い影響を与えるのでしょうか?
季節によって肌質が明らかに違うという皆さん、冬はここに気をつけましょう。

 

低い気温の影響

 

冬はどなたも「寒さ」を感じます。
体が冷えると新陳代謝が低下し、血液の流れが滞りがちになることで、細胞への酸素や栄養分の供給が
不足しがちにになります。
これが原因で、肌のターンオーバーもリズムも乱れ、肌荒れの原因となっています。

 

また、血行不良は肩こりなどの痛みを感じる症状を重症化させます。

 

 

低い湿度の影響

 

カサカサに乾燥するほかに、痛い、痒い!しもやけやあかぎれは、冬ならではの肌トラブル。
赤く腫れて痛い、体が温まると痒いしもやけですが、酷くなるとただれたります。
また、チョッと手を動かしたり、水に触れただけで、激しい痛みを感じるひびやあかぎれ、どちらも乾燥肌を防げば
予防したり、症状を改善したりできるのです。

 

 

しもやけ

 

しもやけ

 

 しもやけと乾燥肌の関係?今一つピンとこない人が多いと思います。
 これは、しもやけが血行障害によるもので、肌表面の乾燥とは無関係のように思われるからです。

 

 冬に洗顔や入浴、お仕事で水やお湯に触れた場合、その部分を拭き上げた直後から残った水分は蒸発を始め、
 ここで水分は急激に体温を奪います。
 「気化熱」と言われる作用です。

 

 気化熱によって体温を奪われると、急激に冷やされるため、しもやけの原因となります。
 特に多汗症の人にしもやけが多いのは、汗が蒸発するときに体温を奪われているためです。

 

 入浴や水仕事の後は、顔と同様、バルクオムでの保湿をおすすめします。

 

 

ひび・あかぎれ

 

あかぎれ

 

 指の関節部分などがパックリ割れて、出血を伴う激しい痛みを感じるひびやあかぎれは、乾燥肌の延長線上にあると言えます。
 そのため、肌に潤いと弾力があれば防ぐことができます。
 入浴の時に手足の先まで温め、水分の蒸発を防いで肌の乾燥を防ぎましょう。

 

 

 

暖房の影響

 

 室内外に極端な温度差がある場合、肌が強いストレスを受けるとともに、急に汗を分泌し始めたりと、明確な変化が
 短時間のうちに現れます。
 また、空気の温度が高いにも関わらず、外気と同じ水分量であれば、相対的に部屋の湿度は下がり、より空気は
 乾燥した状態になります。

 

 

冬の肌にはこんなスキンケア

 

 

洗顔前の蒸しタオル

 

 冬は寒さで毛穴が閉まり、汚れが落ちにくい状況になっています。
 特に顔は衣類を纏っていないため、直接冷たい空気にさらされています。
 2日に1回は洗顔前に蒸しタオルで顔を温めて、毛穴を開きましょう。

 

 

保湿をしっかり行う

 

 秋よりもカサカサの肌を実感する季節です。
 適度な洗顔で洗い過ぎを防ぎ、化粧水、乳液で保湿は確実に行いましょう。

 

 

血行を促進する

 

 冬は血行が滞り、しもやけになったり、肩こりが酷くなったりします。
 末端の毛細血管にまで血行を改善させるため、顔のマッサージもおすすめです。
 指の腹の部分か、手のひらを使い、筋肉の流れに沿って3分〜5分行います。
 その時に肌を摩擦しないように、爪で傷つけないように気を付けます。

 

 

バルクオムは、洗顔→加水→保湿のスリーステップを、天然由来成分でケアする高機能メンズコスメです。

 

 

 

 

公式サイトへ

 

 

 

 

 

toppage

リンク集

関連ページ

春のスキンケア
寒さも終わってホッと一息・・・ 乾燥肌の季節を乗り切ったと思っていませんか? 実は、乾燥のほかにも肌にとって危険な要素が飛び交っているのが春なんです。
夏のスキンケア
「汗をかいていつも肌は潤っている」そう勘違いするのが「夏」です。実は夏も乾燥肌に要注意の季節でした。
秋のスキンケア
秋は日差しも柔らかくなり、ジリジリと肌を焼いた紫外線も弱くなってきます。 精神的にもストレスが小さくなって、肌も油断しがちですが、そんな秋も危険がいっぱいです。