スキンケア 洗顔

洗顔のポイント

多くの皆さんは、洗顔がニキビ予防の第一歩だと考えているようですが、実はスキンケアとしての
基本であり、入り口です。
多くの方が毎日、朝晩の2回、汚れを落とし、毛穴の詰まりを防ぐ大切な作業となります。

 

できるだけ天然由来成分を含む、刺激の少ない、専用のメンズ洗顔料を選び、優しく正しい
効果を上げる洗顔を心がけましょう。

 

スクラブ入りの洗顔料は、過去に目に入って眼球を傷付ける等の問題があった他、
指でゴシゴシこすらなけば、その機能を発揮することができないため、「正しい洗顔」の概念から
大きく外れています。

 

せっかく優れたメンズコスメを使用しても、間違った洗顔をしていては意味がありません。
自分に合った洗顔料選びと正しい洗顔+αで、にスキンケアの効果もグッと上がります。

 

 

男女の違い

 

男女によって肌質も、加齢とともにたどる傾向も、大きく異なります。
ここでは、その違いについて知りましょう。

 

男性の洗顔

 

男性の肌は10代〜50代までほぼ一定量の皮脂が分泌されます
これは10代から皮脂量が少ないという意味ではなく、長期にわたって女性より多い皮脂が
分泌されるということです。
毎朝バルクオムのような適度な洗浄効果を持つ洗顔料を用いて、余分な皮脂を落としてください。

 

女性の洗顔

 

女性の肌は、20歳前後をピークに皮脂量が減る一方です
そこで、毎朝の洗顔については、30代になると、毎朝の肌の様子を見ながら、洗顔料を
使用せずに、水やぬるま湯だけの洗顔をした方が良い場合もありますが、寝る前に付けた
乳液やクリームが皮脂や汚れと混じっていることも考えられるため、バルクオムのような
刺激が少なく、適度な洗浄効果の洗顔料をおすすめします。

 

 

これで、洗顔料は何でもいのではなく、男性には自分に合ったメンズ洗顔料が必要だと
言うことが分かります。

洗顔料のタイプ

まず、洗顔料にはこんなタイプがあります。
自分の肌質や目的に合わせて選んでみてください。
タイプの違いが働きや効果の違いです。
皆さんの肌質に合ったメンズ洗顔料を選びましょう。

 

 

フォームタイプ

 

フォームタイプ

 

 チューブに入っているものが多く、最も一般的で、
 量販店のプライベートブランド商品も多数あり、
 その価格帯も広くなっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジェルタイプ

 

ジェルタイプ

 

 水分が多いため泡立ちやすく、洗いあがりも
 さっぱりしています。
 洗浄力は高めのものが多いため、脂性肌の
 方におすすめですが、その分洗顔後の保湿
 が重要になります。

 

 ヌルヌル感が残る場合には、保湿効果では
 なく、すすぎが不足していますので、顔に残ら
 ないように、完全にすすぎましょう。

 

 

 

 

泡タイプ

 

泡タイプ

 

 フォームやジェルをネットで泡立てるのではなく、
 ポンプタイプで、最初から「泡」として出るタイプ
 です。
 肌への負担は小さくなっていますので、
 敏感肌の方におすすめです。

 

 

 

 

 

 

 

 

石鹸タイプ

 

石鹸タイプ

 

 美容成分や天然由来成分を含むもの、
 オーガニック製品など種類が豊富です。
 それだけに自分の肌質に合った商品を
 見つけやすいタイプです。
 バルクオムの洗顔料は、石けんタイプです。

洗顔の注意点

自分の肌質に合ったメンズ洗顔料を見つけたら、次はその機能をより活かした洗顔を心がけましょう。
少し細かい所まで掘り下げて考えてみました。

 

 

洗顔は朝晩 1日2回

 

1日に2回以上の洗顔は、必要な皮脂まで奪われてしまい、乾燥肌を招きます。
また、その先には「脂性肌」や「混合肌」が待っています。

 

 

洗顔料はよく泡立てる

 

ネットで事前によく泡立ててから、その泡を顔に塗って、指が触れるか触れないか
くらいの感覚で優しく洗顔しましょう。
泡立てる前に直接顔に塗ると、刺激が強すぎてトラブルの原因です。
また、手指で肌を直接ゴシゴシこすることになります。

 

 

洗顔はぬるま湯(人肌)で

 

洗顔に最も適した温度は「人肌」のぬるま湯です。

 

冷たい水で洗顔するメリット

 

・毛穴を引き締めて、目立たなくする。

 

冷たい水で洗顔するデメリット

 

・毛穴を引き締めて、汚れを閉じ込めてしまう。

 

 

お湯で洗顔するメリット

 

・毛穴を開き、汚れを落ちやすくする。
・肌の血行を良くする。

 

お湯で洗顔するデメリット

 

・必要な皮脂まで洗い落してしまう。
・毛穴が開いたままの状態になる。
・水分の蒸発率が高く、乾燥肌の原因となる。

 

ということで、洗顔には「ぬるま湯」がベストです。

 

 

“汚れ”を確実に落とす

 

空気中のほこりや花粉、PM2.5等の汚れが残っていると、過酸化脂質という
刺激物質に変化します。
過酸化脂質は、脂質が活性酸素によって酸化したもので、皮膚の細胞を傷
つけると、真皮のヒアルロン酸を破壊して、シミやシワの原因となります。

 

 

洗い過ぎない

 

過度な洗浄は、汚れだけに留まらず、必要な皮脂まで洗い落として、乾燥肌
を経て皮脂の過剰な分泌を促し、脂性肌の原因となります。
また、洗浄力が強すぎる洗顔料も、同じく過度な洗浄となりますので、自分の
肌質に合わせた適切な洗顔料を選ぶ事が大切です。

 

また、朝晩2回の洗顔でも、「キュッキュッ」という感覚を覚えるまで洗うと、
皮脂の取りすぎです。
しっとり感が残る程度にしましょう。

 

 

タオルは柔らかいものを使う

 

乾いてカチカチになったタオルでゴシゴシ拭いてはいけません。
優しく顔に当てる様に拭き取りましょう。
肌を摩擦しないことが重要です。

 

 

事前の準備

 

洗顔の前には蒸しタオルで顔を温めると、肌を柔らかくし、毛穴を
開かせて洗顔効果が高まります。
また、その後に使用する化粧品の浸透力を高めます。

 

2〜3日に1回は蒸しタオルで顔を温めてから洗顔してみてください。

 

 

旧指定成分の確認

 

旧指定成分とは、化粧品の全成分表示が厚生省より義務付けられた2001年以前より、
アレルギーを引き起こす恐れのある成分として表示を義務付けられていた102種類の成分のこと。
現在もできる限り避けたほうが良い成分の代表として扱われています。

 

 → 旧指定成分はこちら

 

 

洗顔後のケアを行う

 

洗顔後は、どなたも乾燥肌になりやすい状態です。
速やかに化粧水で水分を与え、乳液で保湿することを忘れないでください。

 

 

バルクオムの洗顔料 THE FACE WASHは、天然成分を使用した、肌への刺激が少ない「石鹸タイプ」の
洗顔料です。
泡立てネットを使用して、適量でフワフワもちもちの泡がたっぷりできるので経済的な上に、素早い泡切れと
サッパリした洗い心地が特徴です。

 

 

 

 

toppage

リンク集

関連ページ

現状
女性と比べて男性のスキンケアはつい最近になって注目され始めました。それだけに、十分広がっておらず、正しい理解もされていません。
年代別
メンズスキンケアも女性のスキンケアと同様、年齢とともに変化する肌質に合せて変える必要がありますが、加齢による変化の仕方は女性と男性では大きく異なります。
季節で違うスキンケア
スキンケアはいつも同じで良い?いいえ!実は違います。肌の状態は温度や湿度によって大きく変わります。なので、スキンケアも季節によって変える必要があります。
4つの肌質
肌質を知らなければ、正しいスキンケアはできません。 間違ったスキンケアは肌の状態をより酷くし、場合によっては回復までに長期間を要するまで悪化させかねません。 自分の肌質を理解して、正しいスキンケアを行いましょう。
皮膚の機能
皆さんの皮膚は、外界からの刺激から体を守るために、7つの機能を備えています。 スキンケアはその7つの機能を活かして、健康を守るためにも必要なことなのです。
化粧水のポイント
化粧水は、女性のメイクのように「きれいに見せる」ためのものではありません。肌に必要な水分を与えるためのものです。もちろん女性だけではなく、男性の肌にも必要なものです。
乳液のポイント
洗顔後の肌の乾燥予防のために着けた化粧水も、保湿しなければすぐに蒸発してしまいます。そこで、 化粧水で水分を補給した後は、乳液で水分の蒸発を防ぎます。バルクオムには乳液も用意されています。
髭剃りのポイント
多くの男性の毎朝の日課が「髭剃り」です。 肌を削り、刺激する髭剃りは、乾燥肌の大きな原因の一つです。できるだけ肌を刺激しないように、優しい髭剃りをご紹介します。