髭剃り 方法

髭剃りのポイント

ほとんどの男性の毎朝の行事が「髭剃り」です。
身だしなみのため、無精髭を禁止している職場もあって、毎朝出勤前のルーティンとなっていますが、
皆さんはどのように髭を剃っていますか?

 

ここではお肌にできるだけ負担をかけない髭の剃り方をお伝えいたします。

 

髭剃り

 

 

「カミソリ」ではなく「電気シェーバー」を使う

 

カミソリの方が皮膚表面の角質を削りやすく、より乾燥肌になる傾向があります。

 

 しかし、どうしても「カミソリ」の方が良い方は

 

 ・髭を蒸して軟らかくしましょう
 ・摩擦を小さくするためにシェービング剤を使いましょう
 ・髭が生えている流れに沿って剃りましょう
  それでも剃りきれなかったときのみ、逆方向から剃ります。
 ・切れ味のよいものを選びましょう。
 ・刃はこまめに交換してください。

 

カミソリ

 

 

電気シェーバーの選び方

 

 電気シェーバーにも1枚刃のポケットサイズから複数の刃を持ったもの、
 回転型のものと往復型のものがあります。

 

 より肌に優しいのは「回転型」です。
 また、防水機能とシェービング剤が使用できるものなら、より肌への負担が小さくなります。

 

シェーバー

 

 

電気シェーバーの使い方

 

 こちらも、髭を温めて軟らかくした後に、防水タイプであればシェービング剤をつけて
 剃りますが、肌に強く押し付けてはいけません。
 優しく当てるように剃りましょう。

 

 刃の清掃はこまめに行うとともに、内刃・外刃は、期限内に交換して、切れ味を
 維持しましょう。

 

 

アフターケア

 

 多くの方は、お出かけの1時間〜30分前に髭を剃っているのではないでしょうか?
 では、髭剃り跡のケアは慌てずにできていますか?
 髭剃りは、肌に大きな負担を与えますので、スキンケアは必要です。

 

紫外線に当てない

 

  脱毛サロンでも、施術後に脱毛箇所を紫外線に当てることは、厳しく注意されます。
  しかし、髭剃り跡は「顔」あるため、いくら大きな刺激を受けた後でも、紫外線に
  当てないことは無理があります。そこで、「日焼け止め」は大変有効です。

 

 

水分補給と保湿

 

  セラミドという保湿成分を持つ角質を削った後は、水分補給と保湿を確実に
  行いましょう。
  髭剃り跡を放置しておくと、乾燥の影響から、ニキビができやすくなります。
  化粧水と乳液が必需品ですが、この時に乳液だけを付けると乾燥肌のまま
  蓋をしたことになります。
  必ず化粧水を先に付けましょう。

 

「バルクオム」なら、日焼け止めから化粧水・乳液まで、天然由来
成分の安心高機能メンズコスメが揃っています。

 

 

 

 

toppage

リンク集

関連ページ

現状
女性と比べて男性のスキンケアはつい最近になって注目され始めました。それだけに、十分広がっておらず、正しい理解もされていません。
年代別
メンズスキンケアも女性のスキンケアと同様、年齢とともに変化する肌質に合せて変える必要がありますが、加齢による変化の仕方は女性と男性では大きく異なります。
季節で違うスキンケア
スキンケアはいつも同じで良い?いいえ!実は違います。肌の状態は温度や湿度によって大きく変わります。なので、スキンケアも季節によって変える必要があります。
4つの肌質
肌質を知らなければ、正しいスキンケアはできません。 間違ったスキンケアは肌の状態をより酷くし、場合によっては回復までに長期間を要するまで悪化させかねません。 自分の肌質を理解して、正しいスキンケアを行いましょう。
皮膚の機能
皆さんの皮膚は、外界からの刺激から体を守るために、7つの機能を備えています。 スキンケアはその7つの機能を活かして、健康を守るためにも必要なことなのです。
洗顔のポイント
スキンケアの入り口は洗顔です。その洗顔が正しく行わなければ、汚れが残ったり、余計な皮脂を落としてしまったりと、肌に良い影響は与えません。 あなたに合った正しい洗顔を探してみましょう
化粧水のポイント
化粧水は、女性のメイクのように「きれいに見せる」ためのものではありません。肌に必要な水分を与えるためのものです。もちろん女性だけではなく、男性の肌にも必要なものです。
乳液のポイント
洗顔後の肌の乾燥予防のために着けた化粧水も、保湿しなければすぐに蒸発してしまいます。そこで、 化粧水で水分を補給した後は、乳液で水分の蒸発を防ぎます。バルクオムには乳液も用意されています。