金属 成分

アレルゲンとなる金属

コスメには色調を整えたり、抗酸化力を与えたりと、様々な効果のために金属を含む
商品があります。

 

金属アレルギーをお持ちの方は、成分表示を確認してから購入しますが、今まで発症
しなかった方も、ある日突然発症することがありますので、できるだけ避けた方が良い
成分と言えます。

 

汗などで溶け出したアクセサリーの一部が、皮膚に浸透する「経皮吸収」によって発症
した場合は部分的な反応を示し、歯の詰め物や被せたものから経口吸収された金属
は、全身に反応が表れます。

 

金属アレルギー

 

 

コスメに含まれる主な金属

 

金・銀・銅・鉄・プラチナ・パラジウム・チタン・酸化鉄・亜鉛・ニッケル・クロム
コバルト・アルミニウム・パラジウム・マンガン・ジルコニウム・イットリウム・バナジウム

 

特に、ニッケル、クロム、コバルトは、他の金属成分の不純物として含まれることもあり、
その場合は成分表に表示されていませんが、アレルギー反応は示します。

 

 

そもそもバルクオムは、日焼け止のチタン以外に、成分表示が必要とされる金属
を含んでいないため、その不純物として、別の金属成分が混入することもありません。

 

 

 

 

toppage

 

 

リンク集