季節 スキンケア

季節で異なるスキンケア

季節ごと必要なにスキンケアをご案内

 

冬は空気の乾燥と共に、肌もカラカラに乾燥してカサカサになる。
夏は汗でベタ付くけど、潤ってる・・・それ、本当ですか?

 

春と秋、同じ気温、同じ湿度、同じ風向風速の日が仮にあったとして、
人は春には温かいと感じ、秋には肌寒いと感じるものです。

 

これは、冬と夏にそれぞれの気象条件に体が慣れていたためで、
私たちの体の一番外にある皮膚は、その気象条件が起きる外界と、
唯一接している、人間最大の臓器です。

 

その季節の移り変わりに一番敏感な肌だけに、季節によって肌質が
異なります。
つい、乾燥のイメージで「冬」だと思っていたスキンケアですが、実は周りの
環境に合わせて、季節に応じたスキンケアが必要なのです。

 

 

 

 

toppage

 

リンク集

季節によるスキンケアの違い記事一覧

春は、短い時間に気温や湿度が大きく変わる季節です。朝から昼、夕方、夜と、1日の中でもその気温や湿度の差はめまぐるしく変化します。さらに長い目で見れば、3月と5月では、気温も湿度も全く異なります。同じような高温多湿や低温乾燥の状態が長く続く、冬や夏とは、明らかに違います。例えば、梅雨が明けてから、夏休みが終わるまでの間、街中にジングルベルが聞こえ始めてから2月末までの間、大きな気候の変化を感じること...

乾燥肌の季節である冬とは真逆のスキンケアが必要だと思っていた夏いやいや、強烈な紫外線による乾燥肌という1年中を通して共通していることもありますし、夏に特に必要なスキンケアもあります。また、汗と共に体外に排出される塩分も、肌に大きな影響を与えます。紫外線による影響 夏のスキンケアと言えば、やはり紫外線のケアなくしては語れません。 7月の紫外線量、UV-Aは12月の3倍程度、UV-Bにいたっては、 6...

秋は、人間にとって過ごしやすい季節ではありますが、肌にとって要注意の季節です。精神的にも落ち付き、肉体的に涼しさを感じるようになって、楽になる事から、スキンケアへの油断に陥りやすい季節となります。しかし、実際は夏に受けた、紫外線と乾燥による肌へのダメージが残り、抵抗力が落ちているところへ、朝晩の寒暖差もあり、肌はさらなるストレスを受けます。秋の肌はこんなにデリケート紫外線によるダメージ 夏の強烈な...

冬は肌にとって最悪の季節と言えるでしょう。その理由は、低い気温、低い湿度、乾燥した空気、屋内外の温度差など、肌にとって悪い条件がそろっていることにあります。乾燥以外にも、顔が汗をかきにくくなります。汗は、塩分を含んでいるため、顔から水分を引き寄せますが、その時に毛穴の汚れも一緒に出やすくなります。しかし、汗をかきにくいために、汚れが毛穴から出にくいばかりか、寒さで毛穴が閉じてしまいますので、洗顔は...