季節 スキンケア

季節で異なるスキンケア

季節ごと必要なにスキンケアをご案内

 

冬は空気の乾燥と共に、肌もカラカラに乾燥してカサカサになる。
夏は汗でベタ付くけど、潤ってる・・・それ、本当ですか?

 

春と秋、同じ気温、同じ湿度、同じ風向風速の日が仮にあったとして、
人は春には温かいと感じ、秋には肌寒いと感じるものです。

 

これは、冬と夏にそれぞれの気象条件に体が慣れていたためで、
私たちの体の一番外にある皮膚は、その気象条件が起きる外界と、
唯一接している、 人間最大の臓器です。

 

その季節の移り変わりに一番敏感な肌だけに、季節によって肌質が異なります。
つい、乾燥のイメージで「冬」だと思っていたスキンケアですが、実は周りの環境に
合わせて、季節に応じたスキンケアが必要なのです。

 

 

春のスキンケア

 

春は、短い時間に気温や湿度が大きく変わる季節です。
朝から昼、夕方、夜と、1日の中でもその気温や湿度の差はめまぐるしく変化します。

 

さらに長い目で見れば、3月と5月では、気温も湿度も全く異なります。
同じような高温多湿や低温乾燥の状態が長く続く、冬や夏とは、明らかに違います。
例えば、梅雨が明けてから、夏休みが終わるまでの間、街中にジングルベルが聞こえ
始めてから2月末までの間、大きな気候の変化を感じることはありません。

 

しかし、春は3月と5月では明らかに気温も湿度も、大きな違いを感じます。
春の始めと終わりでは、全く違うスキンケアが必要だと言っても過言ではありません。
そこで、芸能人が口コミで広げるメンズコスメ「バルクオム」で、難しい季節のスキンケアを
楽に乗り切りませんか?

 

 

桜

 

気温と湿度の差に注意

 

 乾燥肌の季節が終わったと安心してはいけません。
 1日の中でも、短いサイクルで気温と湿度の変化が目まぐるしく、水分と脂分のバランス
 が崩れやすくなります。

 

 

紫外線の影響

 

 冬の間の乾燥肌で抵抗力が落ちており、次第に強くなる紫外線に対しても適切な
 防護対策をとる必要が出てきます。
 紫外線は皮膚の真皮から水分を蒸発させ、シミやソバカス、黒ずみの原因となる
 メラニン色素を生成させます。

 

 

汚れがつき易い

 

 春になると、様々な植物の花粉の飛散や、大陸からの黄砂の飛来によって、肌に汚れ
 が付着しやすくなります。
 春も終わりに近づくと、汗もかくようになるため、さらに汚れの付着には注意が必要です。
 場合によっては、付着した花粉やハウスダストがアレルゲンとなるので、洗顔はしっかり
 汚れを落としても、潤いを残す洗顔料を使いましょう。

 

 

環境の変化

 

 進学や転勤による引っ越しなどで生活環境が大きく変わり、精神的にストレスを抱える
 人に、肌荒れの症状が現れます。

 

 

春のスキンケアのポイント

 

 

確実な洗顔

 

  花粉やほこり、黄砂などの汚れを確実に落とすように、洗顔料選びから拭き取り
  まで、正しい洗顔を心がけましょう。

 

 

 

確実な保湿

 

  化粧水や乳液で保湿を行いましょう。
  肌の水分量を適正に保つことは、バリア機能を維持して、花粉などのアレルゲン
  への抵抗力も高めます。
  洗い過ぎた肌にも確実に水分を浸透させますが、刺激が少ない天然由来成分を
  メインとしたコスメがおすすめです。

 

 

 

紫外線対策

 

  3月くらいから、日照時間の増加と、太陽の高度上昇により、急速に紫外線が強く
  なります。
  メラニン色素の生成を抑えるために、通常の外出時でも日焼け止めを塗るように
  心がけましょう。

 

紫外線量

 

 

夏のスキンケア

 

乾燥肌の季節である冬とは真逆のスキンケアが必要だと思っていた夏
いやいや、強烈な紫外線による乾燥肌という1年中を通して共通して
いることもありますし、夏に特に必要なスキンケアもあります。

 

また、汗と共に体外に排出される塩分も、肌に大きな影響を与えます。

 

 

 

ひまわり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紫外線による影響

 

 夏のスキンケアと言えば、やはり紫外線のケアなくしては語れません。
 7月の紫外線量、UV-Aは12月の3倍程度、UV-Bにいたっては、
 6倍にも達する事があります。

 

 紫外線は肌の真皮から水分を蒸発させて、乾燥肌の原因となります。
 海やプールへ出かけなくても、日常の通勤・通学やお買い物のとき
 にも日焼け止めが必要です。

 

紫外線浸透

 

 

活性酸素による影響

 

 強烈な紫外線の影響から派生したものですが、夏は活性酸素が
 発生しやすくなります。
 また、紫外線だけではなく、ストレスや喫煙によって体内でも発生
 しますので、強烈な暑さによって、肉体的にも精神的にも受ける
 ストレスは、活性酸素を作り出します。

 

 活性酸素は、その強力な酸化作用によって、人の細胞を老化
 させてしまいます。

 

 

エアコンの影響

 

 暑い屋外からエアコンが効いた車内や室内に入ると、ホッとしますが、
 その空気はものすごく乾燥しています。
 汗が渇いた後の肌に注目してみてください。
 また、冷えによって血流や代謝が悪くなり、「夏のくすみ肌」と言われる
 状態に陥りやすくなります。

 

エアコン

 

 

夏のスキンケアのポイント

 

 

 

紫外線対策

 

  夏のスキンケア最重要ポイントはやはりこれです。
  このサイトの「日焼け時間」を参考に、短時間でのお出かけにも
  できるだけ日焼け止めを使用しましょう。
  比との皮膚が日焼けに要する時間は、真夏の場合、約20分です。

 

 

 

洗顔と保湿>

 

  汗をかくと、どうしても顔を洗いたくなりますが、洗顔料は汚れだけで
  なく、皮脂まで洗い落とします。
  本来必要な皮脂まで洗い落として、乾燥肌になることを防ぐために、
  洗顔料を使用した洗顔は1日2回までにしましょう。
  また、化粧水で水分を補給し、ベタ付かない乳液で保湿し、水分の
  蒸発を防ぎます。

 

  また、肌の水分を保つことによって、バリア機能を正常化し、活性
  酸素や紫外線から体を守る必要があります。

 

 

 

秋のスキンケア

 

秋は、人間にとって過ごしやすい季節ではありますが、肌にとって要注意の季節です。
精神的にも落ち付き、肉体的に涼しさを感じるようになって、楽になる事から、スキン
ケアへの油断に陥りやすい季節となります。

 

しかし、実際は夏に受けた、紫外線と乾燥による肌へのダメージが残り、抵抗力が
落ちているところへ、朝晩の寒暖差もあり、肌はさらなるストレスを受けます。

 

紅葉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紫外線によるダメージ

 

 夏の強烈な紫外線は、肌の水分を真皮から蒸発させて、乾燥肌にする
 うえ、細胞を酸化させる原因物質である、活性酸素を発生させます。

 

 また、紫外線から肌を守るために生成されたメラニン色素は、肌の状態
 が正常でなければ、代謝によって排出されることなく、そのままシミ・ソバカスとして
 沈着します。

 

 

外部環境への適応

 

 秋は、身体が暑さから寒さへ、短期間で対応を変えようとしている季節です。
 春と同様、夏も同然の2学期の始業式の日と、クリスマスキャロルが聞こえる頃では、
 季節は真逆と言えるでしょう。

 

 そのため心とは別に、肌は一種の緊張状態にあり、外からの刺激に対して敏感に
 なっています。
 そこで、花粉やハウスダストなどのアレルゲンが影響して、反応を示すことがあります。

 

 

身体の変化

 

 秋になると発汗量と皮脂の分泌量が次第に減ってきます。
 と同時に、空気はさらに乾燥していきますので、肌も乾燥状態になります。
 肌は乾燥しますとバリア機能が低下し、外からの刺激に弱くなります。

 

 

秋の肌にはこんなスキンケア

 

表面の刺激物をきちんと洗う

 

 秋は春に次いで空気中の浮遊物が多い季節です。
 秋にもイネ科、キク科の植物の花粉症を発症する人が多いことでも
 分かります。

 

 体に付着した花粉やハウスダスト、古い皮脂や汗などの刺激物を、正しい
 洗顔できちんと洗い流しましょう。
 これがスキンケアの基本となります。

 

 

保湿をしっかり行う

 

 洗顔後の肌は、汚れや皮脂が洗い落とされて、保湿機能が一時的に低下
 しつつも、水分の蒸発が起きている状態です。

 

 こだわる人は、顔の水分を拭き取った後、30秒以内に化粧水をつけるという
 肌の専門家の推奨をしっかり守るっています。

 

 洗顔後はできるだけ素早く、化粧水で加水→乳液で保持を行いましょう。

 

 

冬のスキンケア

 

冬は肌にとって最悪の季節と言えるでしょう。
その理由は、低い気温、低い湿度、乾燥した空気、屋内外の温度差など、肌にとって
悪い条件がそろっていることにあります。

 

乾燥以外にも、顔が汗をかきにくくなります。
汗は、塩分を含んでいるため、顔から水分を引き寄せますが、その時に毛穴の汚れ
も一緒に出やすくなります。
しかし、汗をかきにくいために、汚れが毛穴から出にくいばかりか、寒さで毛穴が閉じて
しまいますので、洗顔は特に念入りに行う必要があります。

 

 

ツバキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

低い気温の影響

 

冬はどなたも「寒さ」を感じます。
体が冷えると新陳代謝が低下し、血液の流れが滞りがちになることで、細胞への
酸素や栄養分の供給が不足しがちにになります。
これが原因で、肌のターンオーバーもリズムも乱れ、肌荒れの原因となっています。

 

また、血行不良は肩こりなどの痛みを感じる症状を重症化させます。

 

 

低い湿度の影響

 

カサカサに乾燥するほかに、痛い、痒い!しもやけやあかぎれは、冬ならではの肌トラブル。
赤く腫れて痛い、体が温まると痒いしもやけですが、酷くなるとただれたります。
また、チョッと手を動かしたり、水に触れただけで、激しい痛みを感じるひびやあかぎれ、
どちらも乾燥肌を防げば予防したり、症状を改善したりできるのです。

 

 

●しもやけ

 

しもやけ

 

 しもやけと乾燥肌の関係?今一つピンとこない人が多いと思います。
 これは、しもやけが血行障害によるもので、肌表面の乾燥とは無関係のように思われる
 からです。

 

 冬に洗顔や入浴、お仕事で水やお湯に触れた場合、その部分を拭き上げた直後から
 残った水分は蒸発を始め、ここで水分は急激に体温を奪います。
 「気化熱」と言われる作用です。

 

 気化熱によって体温を奪われると、急激に冷やされるため、しもやけの原因となります。
 特に多汗症の人にしもやけが多いのは、汗が蒸発するときに体温を奪われているためです。

 

 入浴や水仕事の後は、顔と同様、バルクオムでの保湿をおすすめします。

 

 

●ひび・あかぎれ

 

あかぎれ

 

 指の関節部分などがパックリ割れて、出血を伴う激しい痛みを感じるひびやあかぎれは、
 乾燥肌の延長線上にあると言えます。
 そのため、肌に潤いと弾力があれば防ぐことができます。
 入浴の時に手足の先まで温め、水分の蒸発を防いで肌の乾燥を防ぎましょう。

 

 

 

暖房の影響

 

 室内外に極端な温度差がある場合、肌が強いストレスを受けるとともに、急に汗を分泌
 し始めたりと、明確な変化が短時間のうちに現れます。
 また、空気の温度が高いにも関わらず、外気と同じ水分量であれば、相対的に部屋の
 湿度は下がり、より空気は乾燥した状態になります。

 

 

冬の肌にはこんなスキンケア

 

 

洗顔前の蒸しタオル

 

 冬は寒さで毛穴が閉まり、汚れが落ちにくい状況になっています。
 特に顔は衣類を纏っていないため、直接冷たい空気にさらされています。
 2日に1回は洗顔前に蒸しタオルで顔を温めて、毛穴を開きましょう。

 

 

保湿をしっかり行う

 

 秋よりもカサカサの肌を実感する季節です。
 適度な洗顔で洗い過ぎを防ぎ、化粧水、乳液で保湿は確実に行いましょう。

 

 

血行を促進する

 

 冬は血行が滞り、しもやけになったり、肩こりが酷くなったりします。
 末端の毛細血管にまで血行を改善させるため、顔のマッサージもおすすめです。
 指の腹の部分か、手のひらを使い、筋肉の流れに沿って3分〜5分行います。
 その時に肌を摩擦しないように、爪で傷つけないように気を付けます。

 

 

バルクオムは、洗顔→加水→保湿のスリーステップを、天然由来成分でケアする高機能メンズコスメです。

 

 

 

 

公式サイトへ

 

 

toppage

 

リンク集