お疲れの秋

秋は、人間にとって過ごしやすい季節ではありますが、肌にとって要注意の季節です。
精神的にも落ち付き、肉体的に涼しさを感じるようになって、楽になる事から、スキン
ケアへの油断に陥りやすい季節となります。

 

しかし、実際は夏に受けた、紫外線と乾燥による肌へのダメージが残り、抵抗力が
落ちているところへ、朝晩の寒暖差もあり、肌はさらなるストレスを受けます。

 

紅葉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秋の肌はこんなにデリケート

 

 

紫外線によるダメージ

 

 夏の強烈な紫外線は、肌の水分を真皮から蒸発させて、乾燥肌にする
 うえ、細胞を酸化させる原因物質である、活性酸素を発生させます。

 

 また、紫外線から肌を守るために生成されたメラニン色素は、肌の状態
 が正常でなければ、代謝によって排出されることなく、そのままシミ・ソバカスとして
 沈着します。

 

 

外部環境への適応

 

 秋は、身体が暑さから寒さへ、短期間で対応を変えようとしている季節です。
 春と同様、夏も同然の2学期の始業式の日と、クリスマスキャロルが聞こえる頃では、
 季節は真逆と言えるでしょう。

 

 そのため心とは別に、肌は一種の緊張状態にあり、外からの刺激に対して敏感に
 なっています。
 そこで、花粉やハウスダストなどのアレルゲンが影響して、反応を示すことがあります。

 

 

身体の変化

 

 秋になると発汗量と皮脂の分泌量が次第に減ってきます。
 と同時に、空気はさらに乾燥していきますので、肌も乾燥状態になります。
 肌は乾燥しますとバリア機能が低下し、外からの刺激に弱くなります。

 

 

秋の肌にはこんなスキンケア

 

表面の刺激物をきちんと洗う

 

 秋は春に次いで空気中の浮遊物が多い季節です。
 秋にもイネ科、キク科の植物の花粉症を発症する人が多いことでも
 分かります。

 

 体に付着した花粉やハウスダスト、古い皮脂や汗などの刺激物を、正しい
 洗顔できちんと洗い流しましょう。
 これがスキンケアの基本となります。

 

 

保湿をしっかり行う

 

 洗顔後の肌は、汚れや皮脂が洗い落とされて、保湿機能が一時的に低下
 しつつも、水分の蒸発が起きている状態です。

 

 こだわる人は、顔の水分を拭き取った後、30秒以内に化粧水をつけるという
 肌の専門家の推奨をしっかり守るっています。

 

 洗顔後はできるだけ素早く、化粧水で加水→乳液で保持を行いましょう。

 

 

 

toppage

 

リンク集

関連ページ

乾燥からベタベタ肌に移る季節のスキンケアは、気を付けることも多い様な気がしますね? 日に当たる時間も長くなり、埃も多くなってきます。
汗と皮脂で一見乾燥とは無縁に思える夏の肌、気をつけるのは紫外線と何でしょうか?
とにかく気温が低くて空気が乾燥する季節で、スキンケアには誰もが気を使う季節です。 この季節こそ基本に忠実なスキンケアが大切です。