ポッカポカの春

春は、短い時間に気温や湿度が大きく変わる季節です。
朝から昼、夕方、夜と、1日の中でもその気温や湿度の差はめまぐるしく変化します。

 

さらに長い目で見れば、3月と5月では、気温も湿度も全く異なります。
同じような高温多湿や低温乾燥の状態が長く続く、冬や夏とは、明らかに違います。
例えば、梅雨が明けてから、夏休みが終わるまでの間、街中にジングルベルが聞こえ
始めてから2月末までの間、大きな気候の変化を感じることはありません。

 

しかし、春は3月と5月では明らかに気温も湿度も、大きな違いを感じます。
春の始めと終わりでは、全く違うスキンケアが必要だと言っても過言ではありません。
そこで、芸能人が口コミで広げるメンズコスメ「バルクオム」で、難しい季節のスキンケアを
楽に乗り切りませんか?

 

 

桜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気温と湿度の差に注意

 

 乾燥肌の季節が終わったと安心してはいけません。
 1日の中でも、短いサイクルで気温と湿度の変化が目まぐるしく、水分と脂分のバランス
 が崩れやすくなります。

 

 

紫外線の影響

 

 冬の間の乾燥肌で抵抗力が落ちており、次第に強くなる紫外線に対しても適切な
 防護対策をとる必要が出てきます。
 紫外線は皮膚の真皮から水分を蒸発させ、シミやソバカス、黒ずみの原因となる
 メラニン色素を生成させます。

 

 

汚れがつき易い

 

 春になると、様々な植物の花粉の飛散や、大陸からの黄砂の飛来によって、肌に汚れ
 が付着しやすくなります。
 春も終わりに近づくと、汗もかくようになるため、さらに汚れの付着には注意が必要です。
 場合によっては、付着した花粉やハウスダストがアレルゲンとなるので、洗顔はしっかり
 汚れを落としても、潤いを残す洗顔料を使いましょう。

 

 

環境の変化

 

 進学や転勤による引っ越しなどで生活環境が大きく変わり、精神的にストレスを抱える
 人に、肌荒れの症状が現れます。

 

 

春のスキンケアのポイント

 

 

確実な洗顔

 

  花粉やほこり、黄砂などの汚れを確実に落とすように、洗顔料選びから拭き取り
  まで、正しい洗顔を心がけましょう。

 

 

 

確実な保湿

 

  化粧水や乳液で保湿を行いましょう。
  肌の水分量を適正に保つことは、バリア機能を維持して、花粉などのアレルゲン
  への抵抗力も高めます。
  洗い過ぎた肌にも確実に水分を浸透させますが、刺激が少ない天然由来成分を
  メインとしたコスメがおすすめです。

 

 

 

紫外線対策

 

  3月くらいから、日照時間の増加と、太陽の高度上昇により、急速に紫外線が強く
  なります。
  メラニン色素の生成を抑えるために、通常の外出時でも日焼け止めを塗るように
  心がけましょう。

 

紫外線量

 

 

 

 

toppage

 

 

リンク集

関連ページ

汗と皮脂で一見乾燥とは無縁に思える夏の肌、気をつけるのは紫外線と何でしょうか?
夏に紫外線によっていじめられた肌をしっかりと労り、休ませるのが秋のスキンケアなのですが、春と同じくらいの外的刺激物があるのもこの季節です。
とにかく気温が低くて空気が乾燥する季節で、スキンケアには誰もが気を使う季節です。 この季節こそ基本に忠実なスキンケアが大切です。