肌 トラブル 顔

困った顔の肌トラブル

隠せない肌トラブル

 

「バルクオム」は天然由来成分で健康的なお肌を保つためのメンズコスメ
として、肌を保護し、トラブルを避ける役目も担っています。

 

ご存知の方も多いかと思いますが、皮膚は臓器です。
しかも、人間で一番大きな臓器で、唯一体外の世界と接触して、様々
な刺激を受けて傷ついているのです。

 

また、自分の目で見て確認できるため、自分の健康のバロメーター
としても活躍しています。

 

そんな皮膚をいたわり、正常な状態に保つことは、見た目だけの
問題ではなく、健康の維持に重要なことなのです。
特に、お顔の皮膚は衣服などで保護されることなく、トラブルが
生じたときにも隠しようがない場所です。

 

衣服で隠すことができない部分、「顔」に出てしまうお肌のトラブル
どなたにでも大変困った問題になります。
どうやって防ぎ、どうやってケアすればよいのでしょうか?

 

代表的なお顔の肌トラブルの例と対策をご紹介して見たいと思います。

 

しかし、こうならないように、事前のスキンケアで「予防」が大切です。

 

 

肌トラブルの原因

 

何も気にしないで普通に生活している私たちの身の周りには、こんなに肌トラブルの
原因となる刺激物があふれかえっています。
バルクオムはこれらの刺激物から、皆さんの体を守ります。

 

 

乾燥した空気

 

 季節を問わず肌は常に乾燥に向かっています。
 特に冬は空気が乾燥し、角質から水分を奪って乾燥を顕著にします。

 

 顔は衣服でバリアすることができないため、余計に乾燥を感じるほか、粉を噴いた
 り、ニキビができても、隠すことができません。

 

 

浮遊物

 

 空気中には埃や花粉、ダニの糞や死骸、PM2.5などと言った目に見えない微細な
 「アレルゲン」となるものが無数に浮遊しており、体に付着します。
 毛穴に入り込んだり、皮膚表面に接触し、割れて中身を流出させるとアレルゲンが
 吸収されて、トラブルの原因となります。

 

 

紫外線

 

 春はA波・B波ともに多くなり、夏から秋にかけては強くなります。
 その紫外線は皮膚を刺激して、真皮から水分を蒸発させるほか、メラニン色素を生成
 させて、シミやソバカスの原因となると同時に、紫外線アレルギーを発症させる、
 アレルゲンでもあります。

 

 

活性酸素

 

 強烈な紫外線や光化学スモッグによって発生する、強い酸化作用を持った物質で、
 動物の細胞までも酸化させてしまいます。
 細胞の酸化は「老化」です。

 

 

 

toppage

リンク集

顔の肌トラブル記事一覧

シミ2

原 因お肌に合わない化粧品を使用してのかぶれや、ニキビ、カミソリまけ、火傷の後にできます。皮膚に炎症を起こした後に、こげ茶色にできるシミで、ニキビ跡もこの炎症性色素沈着にあたります。予防法お肌に合ったコスメ商品を使用し、かぶれや吹き出物、ニキビ予防を徹底するとともに、髭剃り後の乾燥肌ケアを十分に行いましょう。ケ アターンオーバーが正常であれば、時間の経過とともに自然に消えますが、紫外線予防と保湿に...

シワ2

原 因冷暖房や、紫外線による刺激、空気の乾燥によって、肌が乾燥したり、毎日のスキンケア不足によってできてしまいます。予防法二十歳前になったら、紫外線予防を取り入れて、肌に紫外線のダメージを与えないようにしましょう。季節に応じて日傘・サングラス・UVグッズなども活用してください。スキンケア化粧品の成分も、抗酸化作用・代謝促進作用のある成分配合の化粧品を選びましょう。肌にハリを与えるために、コラーゲン...

ニキビ2

原因睡眠不足や食事の偏り、ストレスなどたくさんの原因がありますが、スキンケアの観点からの原因は・・・ ●脂分が多いコスメの選択   脂分が多いコスメを使用すると、回復に時間がかかるとともに、皮膚常在菌のバランスも   保たれません。 ●化学合成物などの刺激物が多いコスメの選択   合成化学物質に、お肌が過敏に反応することがあります。 ●洗い過ぎ   ゴシゴシ洗いでお肌を刺激したうえに、必要な皮脂ま...

酷いニキビをつぶしたりした後にいつまでも残り、ニキビより長い付き合いをしなければならないのが「ニキビ跡」です。ニキビの症状によって、できるニキビ跡の種類が異なります。原因●酷いニキビの場合ニキビによる炎症が重症だった場合、毛穴の周囲の皮膚組織が大きく損傷して傷痕として残ってしまうことがあります。●繰り返す場合何度も同じ場所に繰り返しニキビができる場合も、皮膚組織が損傷して傷痕が残ることがあります。...

たるみ2

原 因最大の原因は老化です。筋肉と皮膚、皮下脂肪のアンバランスが原因ともいわれています。加齢による天然保湿因子の減少によって、弾力性がなくなり、たるみます。予防法意識的に顔の表情を変えながら、顔面の筋肉を鍛えたり、保湿力を上げるためのスキンケアを行うことが大切です。ケ ア優しいクレンジングを毎日必ず行い、化粧水で保水、乳液で蓋、をして、水分の保持に努めます。また、外出の際にはUVケアをして、紫外線...

毛穴3

原  因乾燥から肌を守るために、角質部分が厚くなって毛穴が詰まります。また、皮脂や汚れが開いた毛穴に入り込んで、詰まる事もあります。この場合は、酸化した汚れで黒ずんだ毛穴になり、非常に目立ちます。予防法顔の角質を乾燥させないよう、常に保湿を心がけましょう汚れが付着しにくいように、余分な皮脂を落とし、毛穴が開かないように、皮膚のたるみに気を付けましょう。ケ  ア角質が厚くなり過ぎた場合には、ピーリン...

吹き出物2

ニキビとよく似ているけど違うものが「吹き出物」です。どう違うのか?ニキビ以外の肌の諸症状を含めて、吹き出物という場合があります。二十歳までがニキビ、二十歳過ぎたら吹き出物という方もいらっしゃいますが、年齢での区切りはありません。原 因コスメに配合されている成分が、肌を刺激したり、本来完全に洗い落とされるべき成分が、不十分なすすぎによって、残ったりすることが考えられます。また、肌に合わないコスメ商品...

毎年花粉が飛散する時期になると、顔の肌がカサついたり、痒みが出たり、発疹が出たりする人がいます。女性には、毎日使っているコスメが染みたりすることもあるようです。原 因皮膚が、アレルゲンとなる花粉から流出した成分を吸収して発症する「接触性皮膚炎」の一種です。症 状皮膚が薄い目の周りから症状が出始めますが、酷くなると口元や頬にも広がります。また、目のかゆみや鼻水など、一般的に花粉症の症状と認知されてい...

昔はたくさんの子供たちに見られた汗疹ですが、ここ数年は家庭や学校のエアコンの導入も進み、かなり少なくなりました。しかし、地球温暖化と共に上昇している夏の気温により、比較的少なかった大人たちに汗疹が見られるようになりました。汗疹とは過剰な発汗によって肌に残った汗の成分が、汗腺を閉塞して起きる肌トラブルです。汗の出口が詰まると、肌に出てくることができない汗が、皮膚内に溜まって水泡になったり、皮膚内に漏...