肌 トラブル 顔

困った顔の肌トラブル

隠せない肌トラブル

 

「バルクオム」は天然由来成分で健康的なお肌を保つためのメンズコスメとして、肌を保護し、
トラブルを避ける役目も担っています。

 

ご存知の方も多いかと思いますが、皮膚は臓器です。
しかも、人間で一番大きな臓器で、唯一体外の世界と接触して、様々な刺激を受けて傷
ついているのです。

 

また、自分の目で見て確認できるため、自分の健康のバロメーターとしても活躍しています。

 

そんな皮膚をいたわり、正常な状態に保つことは、見た目だけの問題ではなく、健康の維持に
重要なことなのです。
特に、お顔の皮膚は衣服などで保護されることなく、トラブルが生じたときにも隠しようがない場所です。

 

衣服で隠すことができない部分、「顔」に出てしまうお肌のトラブルは、どなたにでも大変困った問題になります。
どうやって防ぎ、どうやってケアすればよいのでしょうか?

 

代表的なお顔の肌トラブルの例と対策をご紹介して見たいと思います。

 

しかし、こうならないように、事前のスキンケアで「予防」が大切です。

 

 

肌トラブルの原因

 

何も気にしないで普通に生活している私たちの身の周りには、こんなに肌トラブルの原因となる刺激物があふれかえっています。
バルクオムはこれらの刺激物から、皆さんの体を守ります。

 

 

乾燥した空気

 

 季節を問わず肌は常に乾燥に向かっています。
 特に冬は空気が乾燥し、角質から水分を奪って乾燥を顕著にします。

 

 顔は衣服でバリアすることができないため、余計に乾燥を感じるほか、粉を噴いた
 り、ニキビができても、隠すことができません。

 

 

浮遊物

 

 空気中には埃や花粉、ダニの糞や死骸、PM2.5などと言った目に見えない微細な
 「アレルゲン」となるものが無数に浮遊しており、体に付着します。
 毛穴に入り込んだり、皮膚表面に接触し、割れて中身を流出させるとアレルゲンが
 吸収されて、トラブルの原因となります。

 

 

紫外線

 

 春はA波・B波ともに多くなり、夏から秋にかけては強くなります。
 その紫外線は皮膚を刺激して、真皮から水分を蒸発させるほか、メラニン色素を生成
 させて、シミやソバカスの原因となると同時に、紫外線アレルギーを発症させる、
 アレルゲンでもあります。

 

 

活性酸素

 

 強烈な紫外線や光化学スモッグによって発生する、強い酸化作用を持った物質で、
 動物の細胞までも酸化させてしまいます。
 細胞の酸化は「老化」です。

 

 

肌トラブルの種類

 

この様な外部からの刺激や、加齢によって生じる肌トラブルには、この様なものがあります。

 

 

シミ

 

●炎症性色素沈着

 

・原 因

 

お肌に合わない化粧品を使用してのかぶれや、ニキビ、カミソリまけ、火傷の後にできます。
皮膚に炎症を起こした後に、こげ茶色にできるシミで、ニキビ跡もこの炎症性色素沈着に
あたります。

 

 

・予防法

 

お肌に合ったコスメ商品を使用し、かぶれや吹き出物、ニキビ予防を徹底するとともに、
髭剃り後の乾燥肌ケアを十分に行いましょう。

 

 

・ケ ア

 

ターンオーバーが正常であれば、時間の経過とともに自然に消えますが、紫外線予防と
保湿に重点を置いたスキンケアをしましょう。
乾燥肌の場合は代謝が落ちて、ターンオーバーがうまくいかなくなっているため、保湿に
よって乾燥肌を脱出しましょう。

 

 

炎症性

 

 

●老人性色素沈着

 

・原 因

 

日焼けによって肌の老化が進んでできるシミ、境目がはっきりしているのが特徴で、
早い人は10歳代からできる人もいます。

 

頬骨などの高くなった部分から円形にできるシミ、ノーメイクの人や外に出る事が
多い人にできやく、車を運転する人は、ハンドルがある方の手の甲に出やすいため、
日光が原因です。

 

 

・予防法

 

日光に当たらないようにするのが理想ですが、そんなわけにはいかないので、
外出の際には、適度な日焼け止めを塗って、日焼けを防ぎ、皮膚の炎症を
抑えましょう。
また、車の運転時には、手袋や腕カバーも有効です。

 

 

・ケ ア

 

できてしまったばかりのシミであれば、美白化粧品でうすくなったりします。
気づいたら早めのケアが大切です。
日焼けで黒くなった段階から、メラニンの分解を促すべく、スキンケアを行いましょう。

 

 

老人性

 

 

 

シワ

 

●小ジワ

 

・原 因

 

冷暖房や、紫外線による刺激、空気の乾燥によって、肌が乾燥したり、毎日のスキンケア
不足によってできてしまいます。

 

 

・予防法

 

二十歳前になったら、紫外線予防を取り入れて、肌に紫外線のダメージを与えないようにしましょう。
季節に応じて日傘・サングラス・UVグッズなども活用してください。
スキンケア化粧品の成分も、抗酸化作用・代謝促進作用のある成分配合の化粧品を選びましょう。

 

肌にハリを与えるために、コラーゲンの摂取も有効です。
外から保湿するときには、ヒアルロン酸よりも、セラミドを含んだコスメの方が効果的です。

 

 

小じわ

 

 

●シワ

 

・原 因

 

皮膚の老化と紫外線にあたった結果、シワができてしまいます。
毎日のスキンケアの仕方が間違っていて、皮膚を引っ張ったり伸ばしたりマッサージをした結果、
シワを深くしてしまうことも多いので要注意です !

 

 

・予防法・

 

抗酸化作用のあるスキンケア用品の使用と、乾燥肌の防止、UVカットで抑制しましょう。

 

 

・ケ ア

 

残念なことですが、深くなってしまったシワをスキンケアや、抗シワといわれる化粧品を使っても、
完全に消すことはできません。
ヒアルロン酸やセラミドで潤いを与え、コラーゲンなどでハリを保つことで薄くできます。

 

 

しわ

 

 

ニキビ

 

●原因

 

睡眠不足や食事の偏り、ストレスなどたくさんの原因がありますが、スキンケアの観点からの原因は・・・

 

 

 ・脂分が多いコスメの選択

 

   脂分が多いコスメを使用すると、回復に時間がかかるとともに、皮膚常在菌のバランスも
   保たれません。

 

 

 ・化学合成物などの刺激物が多いコスメの選択

 

   合成化学物質に、お肌が過敏に反応することがあります。

 

 

 ・洗い過ぎ

 

   ゴシゴシ洗いでお肌を刺激したうえに、必要な皮脂まで洗い流されて、乾燥肌になります。
   さらにそれを経て脂性肌へと至ります。

 

 

 ・乾燥肌からのアクネ菌侵入

 

   バリア機能が落ちた皮膚から、ニキビの原因菌であるアクネ菌が毛穴に侵入して、ニキビを
   作ります。
   このニキビには、「芯」があり、これを取り除いたり縮小させることで治癒します。

 

アクネ菌ニキビ

 

 

 ・脂性肌によるマラセチア菌の繁殖

 

   乾燥肌を経て脂性肌になったり、汗をかく季節には、アクネ菌とは違った「マラセチア菌」
   が繁殖します。
   これは、皮質や汗を好物とする、「カビ」の一種で、正確には「マラセチア毛包炎」です。

 

   マラセチア毛包炎は、小さなポツポツが広範囲にでき、芯が無く、放置しておいても
   治癒しません。

 

マラセチア菌ニキビ

 

 

●予防法

 

脂っぽい食事を避ける、睡眠を充分にとるなどの対策はもちろんですが、

 

 ・肌への刺激が少ない洗顔料を選ぶ
 ・優しくマイルドに洗って、皮脂と常在菌バランスを保つ
 ・保湿を行って潤いを保つ

 

ことで、効果的にニキビを予防できます。

 

 

大人ニキビ

 

 

ニキビ跡

 

酷いニキビをつぶしたりした後にいつまでも残り、ニキビより長い付き合いを
しなければならないのが「ニキビ跡」です。
ニキビの症状によって、できるニキビ跡の種類が異なります。

 

●原因

 

・酷いニキビの場合

 

ニキビによる炎症が重症だった場合、毛穴の周囲の皮膚組織が大きく損傷して
傷痕として残ってしまうことがあります。

 

 

・繰り返す場合

 

何度も同じ場所に繰り返しニキビができる場合も、皮膚組織が損傷して
傷痕が残ることがあります。

 

 

・自分で潰した場合

 

自分で強引に潰してしまった場合、手指や器具に雑菌が付着していて、
皮膚組織に侵入し、さらに炎症を悪化させて、皮膚組織を損傷して
しまいます。

 

特に白ニキビや黒ニキビは、まだ毛穴に炎症が起きていない状態で、無理やり
中身を絞り出す行為で、炎症を起こさせる可能性があります。

 

 

●治療

 

バルクオムには、ニキビと同様ニキビ跡を治療する効果はありません。
しかし、症状によっては、正しいスキンケアで肌を健康な状態に戻し、
ニキビの発生を予防しながら、自然治癒力を発揮することがあります。

 

重症化しているニキビ跡の治療は、こちらから

 

⇒ ベルブランのニキビ跡対策

 

 

●予防法

 

ニキビ跡を予防するには、ニキビ予防がお約束です。
ニキビを予防するためには、高機能、低刺激の天然成分メンズコスメ
バルクオムで、正しいスキンケアを行うことがおすすめです。

 

 

たるみ

 

●原 因

 

最大の原因は老化です。
筋肉と皮膚、皮下脂肪のアンバランスが原因ともいわれています。
加齢による天然保湿因子の減少によって、弾力性がなくなり、たるみます。

 

 

●予防法

 

意識的に顔の表情を変えながら、顔面の筋肉を鍛えたり、保湿力を上げる
ためのスキンケアを行うことが大切です。

 

 

●ケ ア

 

優しいクレンジングを毎日必ず行い、化粧水で保水、乳液で蓋、をして、
水分の保持に努めます。
また、外出の際にはUVケアをして、紫外線が直接肌を刺激しないようにしましょう。

 

 

 

たるみ

 

 

毛穴の詰まり

 

●原因

 

乾燥から肌を守るために、角質部分が厚くなって毛穴が詰まります。
また、皮脂や汚れが開いた毛穴に入り込んで、詰まる事もあります。
この場合は、酸化した汚れで黒ずんだ毛穴になり、非常に目立ちます。

 

 

●予防法

 

顔の角質を乾燥させないよう、常に保湿を心がけましょう
汚れが付着しにくいように、余分な皮脂を落とし、毛穴が開かないように、
皮膚のたるみに気を付けましょう。

 

 

●ケア

 

角質が厚くなり過ぎた場合には、ピーリングも一つの手段ですが、刺激が大きいため、
頻繁に行うことは避けましょう。
洗顔の際には、事前に蒸しタオルで毛穴を開き、汚れが出やすくしておく事、また、
洗顔料は、毛穴の奥の汚れを吸い出す性質のものがおすすめです。

 

 

毛穴角栓

 

 

吹き出物

 

ニキビとよく似ているけど違うものが「吹き出物」です。
どう違うのか?
ニキビ以外の肌の諸症状を含めて、吹き出物という場合があります。

 

二十歳までがニキビ、二十歳過ぎたら吹き出物という方もいらっしゃいますが、
年齢での区切りはありません。

 

 

●原因

 

コスメに配合されている成分が、肌を刺激したり、本来完全に洗い落とされる
べき成分が、不十分なすすぎによって、残ったりすることが考えられます。
また、肌に合わないコスメ商品を使用した場合は、蕁麻疹
のように一瞬にして出る場合があります。

 

 

●予防法

 

できる場所によって対策が異なりますので、注意してケアしましょう。
例えば、おでこにできる場合は、前髪を切るなどして、刺激を少なくしてみましょう。

 

肩や背中にできる場合は、洗い流されたシャンプーやリンスなどが体に残らないように、
きちんと洗い流しましょう。

 

激しいかゆみや痛みを伴う場合がありますので、コスメは本当に自分の肌質に合った
ものを選ぶ必要があります。
場合によっては、顔に使用する前に、目立たない場所でテストをすることも考えた方が良さそうです。

 

 

●ケア

 

市販の抗炎症剤などを塗布して、治療します。

 

 

吹き出物

 

 

花粉症皮膚炎

 

毎年花粉が飛散する時期になると、顔の肌がカサついたり、痒みが出たり、
発疹が出たりする人がいます。
女性には、毎日使っているコスメが染みたりすることもあるようです。

 

 

●原因

 

皮膚が、アレルゲンとなる花粉から流出した成分を吸収して発症する「接触性皮膚炎」
の一種です。

 

 

●症状

 

皮膚が薄い目の周りから症状が出始めますが、酷くなると口元や頬にも広がります。
また、目のかゆみや鼻水など、一般的に花粉症の症状と認知されている症状は発症
せずに、皮膚炎だけが発症する人がまれにいます。

 

花粉症皮膚炎

 

また、花粉症の二次被害として、鼻をかむときにティッシュと摩擦する鼻の下や、マスクと
接触する口の周りや鼻の頭、揉み上げのあたりが敏感になってヒリヒリするという人もいます。

 

 

●予防法

 

スキンケアを十分に行って保湿することで、バリア効果を発揮し、アレルゲンの経皮吸収
を防ぎます。

 

 

●ケ ア

 

専門医からアレルギー性皮膚炎の治療を受ける必要があります。

 

 

汗疹

 

昔はたくさんの子供たちに見られた汗疹ですが、ここ数年は家庭や学校のエアコンの導入も進み、
かなり少なくなりました。
しかし、地球温暖化と共に上昇している夏の気温により、比較的少なかった大人たちに汗疹が
見られるようになりました。

 

 

●汗疹とは

 

過剰な発汗によって肌に残った汗の成分が、汗腺を閉塞して起きる肌トラブルです。
汗の出口が詰まると、肌に出てくることができない汗が、皮膚内に溜まって水泡に
なったり、皮膚内に漏れて炎症を起こしたものです。

 

 

●汗疹の種類

 

汗疹には、主に3つの種類があります。

 

・水晶様汗疹

 

 1mm〜3mm程度の透明や白っぽい湿疹で、肌の角質層にのみ影響しますので、痛みや
 痒みはほとんどなく、数日で完治します。

 

・紅色汗疹

 

 ほとんどの汗疹がこちらのタイプです。
 角質層の下の表皮に汗が溜まったもので、局所的に赤みの発疹ができて、痛みや痒みを
 伴います。
 ?きむしると、とびひになることがあります。

 

汗疹

 

・深在性汗疹

 

 表皮よりさらに深い層に汗が滞留したもので、炎天下に長時間いることで発症します。
 日本ではあまり見られませんが、地球温暖化により、亜熱帯化していた気候下において、
 増加する可能性があります。

 

 

●予防法

 

汗疹を予防するためには、肌の汗をしっかり拭き取り、乾燥させて、汗腺を塞ぐ成分を残さない
ことです。
しかし、肌の乾燥は、他のトラブルを招く原因となりますので、表面では汗をしっかり拭きとり、
汗以外の水分で肌を潤すことが大切です。

 

 

●治療法

 

水晶様汗疹は、汗疹予防のスキンケアを行っていれば、短期間のうちに自然治癒します。

 

紅色汗疹の場合は、スキンケアに加えて、抗炎症作用のあるステロイド外用剤を塗って
治療しますが、それでも完治まで1週間程度を要します。

 

 

 

 

toppage

リンク集