汗疹 予防 治す

汗疹

昔はたくさんの子供たちに見られた汗疹ですが、ここ数年は家庭や学校のエアコンの導入も進み、
かなり少なくなりました。
しかし、地球温暖化と共に上昇している夏の気温により、比較的少なかった大人たちに汗疹が
見られるようになりました。

 

 

汗疹とは

 

過剰な発汗によって肌に残った汗の成分が、汗腺を閉塞して起きる肌トラブルです。
汗の出口が詰まると、肌に出てくることができない汗が、皮膚内に溜まって水泡に
なったり、皮膚内に漏れて炎症を起こしたものです。

 

 

汗疹の種類

 

汗疹には、主に3つの種類があります。

 

水晶様汗疹

 

 1mm〜3mm程度の透明や白っぽい湿疹で、肌の角質層にのみ影響しますので、痛みや
 痒みはほとんどなく、数日で完治します。

 

紅色汗疹

 

 ほとんどの汗疹がこちらのタイプです。
 角質層の下の表皮に汗が溜まったもので、局所的に赤みの発疹ができて、痛みや痒みを
 伴います。
 ?きむしると、とびひになることがあります。

 

汗疹

 

深在性汗疹

 

 表皮よりさらに深い層に汗が滞留したもので、炎天下に長時間いることで発症します。
 日本ではあまり見られませんが、地球温暖化により、亜熱帯化していた気候下において、
 増加する可能性があります。

 

 

汗疹の予防法

 

汗疹を予防するためには、肌の汗をしっかり拭き取り、乾燥させて、汗腺を塞ぐ成分を残さない
ことです。
しかし、肌の乾燥は、他のトラブルを招く原因となりますので、表面では汗をしっかり拭きとり、
汗以外の水分で肌を潤すことが大切です。

 

 

汗疹の治療法

 

水晶様汗疹は、汗疹予防のスキンケアを行っていれば、短期間のうちに自然治癒します。

 

紅色汗疹の場合は、スキンケアに加えて、抗炎症作用のあるステロイド外用剤を塗って
治療しますが、それでも完治まで1週間程度を要します。

 

 

 

 

toppage

リンク集

関連ページ

シミ
肌トラブルの中でも、メジャーなのが「シミ」です。 加齢とともにあきらめていませんか? シミは防ぐこともできれば、消すこともできます。
シワ
加齢による肌トラブルの象徴のように思われている「シワ」ですが、今の年齢でそのシワに納得していますか? あと10歳若い肌が本当の肌かも知れません。
ニキビ
肌トラブルの中でも、最も若いうちから悩みが始まり、目立ち、跡が残ると長く引っ張るものです。 予防できればベストです。
ニキビ跡
肌トラブルの中でも、治りにくいものの一つですが、その原因となる「ニキビ」対策をすることで、予防することができます。
たるみ
水分とハリを失った肌の姿です。 内側からと外側からのケアが大切になります。
毛穴
汚れや角栓を抱え込んで、開いたり閉じたり、目立つのが毛穴のトラブルです。 しっかりケアして、きめが整った肌を保ちましょう。
吹き出物
ニキビと混同されがちな吹き出物 でも、実際は別物なので、ケアも予防法も異なります。
花粉症皮膚炎
人によってアレルギー反応を示す花粉は様々ですが、症状を訴える人が最も多いのが、スギです。 2月になると、目のかゆみ、鼻水に苦しむ人が増えますが、皮膚にも炎症を及ぼすことがあります。