吹き出物

吹き出物

吹き出物

ニキビとよく似ているけど違うものが「吹き出物」です。
どう違うのか?
ニキビ以外の肌の諸症状を含めて、吹き出物という場合があります。

 

二十歳までがニキビ、二十歳過ぎたら吹き出物という方もいらっしゃいますが、
年齢での区切りはありません。

 

 

原 因

 

コスメに配合されている成分が、肌を刺激したり、本来完全に洗い落とされる
べき成分が、不十分なすすぎによって、残ったりすることが考えられます。
また、肌に合わないコスメ商品を使用した場合は、蕁麻疹
のように一瞬にして出る場合があります。

 

 

予防法

 

できる場所によって対策が異なりますので、注意してケアしましょう。
例えば、おでこにできる場合は、前髪を切るなどして、刺激を少なくしてみましょう。

 

肩や背中にできる場合は、洗い流されたシャンプーやリンスなどが体に残らないように、
きちんと洗い流しましょう。

 

激しいかゆみや痛みを伴う場合がありますので、コスメは本当に自分の肌質に合った
ものを選ぶ必要があります。
場合によっては、顔に使用する前に、目立たない場所でテストをすることも考えた方が良さそうです。

 

 

ケ ア

 

市販の抗炎症剤などを塗布して、治療します。

 

吹き出物

 

 

 

 

toppage


リンク集

関連ページ

シミ
肌トラブルの中でも、メジャーなのが「シミ」です。 加齢とともにあきらめていませんか? シミは防ぐこともできれば、消すこともできます。
シワ
加齢による肌トラブルの象徴のように思われている「シワ」ですが、今の年齢でそのシワに納得していますか? あと10歳若い肌が本当の肌かも知れません。
ニキビ
肌トラブルの中でも、最も若いうちから悩みが始まり、目立ち、跡が残ると長く引っ張るものです。 予防できればベストです。
ニキビ跡
肌トラブルの中でも、治りにくいものの一つですが、その原因となる「ニキビ」対策をすることで、予防することができます。
たるみ
水分とハリを失った肌の姿です。 内側からと外側からのケアが大切になります。
毛穴
汚れや角栓を抱え込んで、開いたり閉じたり、目立つのが毛穴のトラブルです。 しっかりケアして、きめが整った肌を保ちましょう。
花粉症皮膚炎
人によってアレルギー反応を示す花粉は様々ですが、症状を訴える人が最も多いのが、スギです。 2月になると、目のかゆみ、鼻水に苦しむ人が増えますが、皮膚にも炎症を及ぼすことがあります。
汗疹
夏の子どもの定番とも言える汗疹が、気温の上昇に伴って大人の肌にも襲い掛かっています。 この汗疹を予防し、治すためにはどうすれば良いのでしょうか?