花粉症皮膚炎

花粉症皮膚炎

毎年花粉が飛散する時期になると、顔の肌がカサついたり、痒みが出たり、
発疹が出たりする人がいます。
女性には、毎日使っているコスメが染みたりすることもあるようです。

 

 

原 因

 

皮膚が、アレルゲンとなる花粉から流出した成分を吸収して発症する「接触性皮膚炎」
の一種です。

 

 

症 状

 

皮膚が薄い目の周りから症状が出始めますが、酷くなると口元や頬にも広がります。
また、目のかゆみや鼻水など、一般的に花粉症の症状と認知されている症状は発症
せずに、皮膚炎だけが発症する人がまれにいます。

 

花粉症皮膚炎

 

また、花粉症の二次被害として、鼻をかむときにティッシュと摩擦する鼻の下や、マスクと
接触する口の周りや鼻の頭、揉み上げのあたりが敏感になってヒリヒリするという人もいます。

 

 

予防法

 

スキンケアを十分に行って保湿することで、バリア効果を発揮し、アレルゲンの経皮吸収
を防ぎます。

 

 

ケ ア

 

専門医からアレルギー性皮膚炎の治療を受ける必要があります。

 

 

 

toppage

リンク集

関連ページ

シミ
肌トラブルの中でも、メジャーなのが「シミ」です。 加齢とともにあきらめていませんか? シミは防ぐこともできれば、消すこともできます。
シワ
加齢による肌トラブルの象徴のように思われている「シワ」ですが、今の年齢でそのシワに納得していますか? あと10歳若い肌が本当の肌かも知れません。
ニキビ
肌トラブルの中でも、最も若いうちから悩みが始まり、目立ち、跡が残ると長く引っ張るものです。 予防できればベストです。
ニキビ跡
肌トラブルの中でも、治りにくいものの一つですが、その原因となる「ニキビ」対策をすることで、予防することができます。
たるみ
水分とハリを失った肌の姿です。 内側からと外側からのケアが大切になります。
毛穴
汚れや角栓を抱え込んで、開いたり閉じたり、目立つのが毛穴のトラブルです。 しっかりケアして、きめが整った肌を保ちましょう。
吹き出物
ニキビと混同されがちな吹き出物 でも、実際は別物なので、ケアも予防法も異なります。
汗疹
夏の子どもの定番とも言える汗疹が、気温の上昇に伴って大人の肌にも襲い掛かっています。 この汗疹を予防し、治すためにはどうすれば良いのでしょうか?