毛穴

毛穴の詰まり

毛穴

原  因

 

乾燥から肌を守るために、角質部分が厚くなって毛穴が詰まります。
また、皮脂や汚れが開いた毛穴に入り込んで、詰まる事もあります。
この場合は、酸化した汚れで黒ずんだ毛穴になり、非常に目立ちます。

 

 

予防法

 

顔の角質を乾燥させないよう、常に保湿を心がけましょう
汚れが付着しにくいように、余分な皮脂を落とし、毛穴が開かないように、
皮膚のたるみに気を付けましょう。

 

 

ケ  ア

 

角質が厚くなり過ぎた場合には、ピーリングも一つの手段ですが、刺激が大きいため、
頻繁に行うことは避けましょう。
洗顔の際には、事前に蒸しタオルで毛穴を開き、汚れが出やすくしておく事、また、
洗顔料は、毛穴の奥の汚れを吸い出す性質のものがおすすめです。

 

 

ニキビ予防

 

詰まった毛穴でアクネ菌が繁殖すると、炎症を起こしてニキビになります。
乾燥を防ぐことの他に、毛穴をきれいにしておくことも、ニキビの予防策
の一つです。

 

 

毛穴角栓


毛穴の開き

原 因:皮膚が乾燥し、弾力が無くなることから毛穴が開きます。
    開いた毛穴には、ほこりや花粉、垢などの汚れが入りやすく
    なります。

 

 

予 防:乾燥するとハリを無くすコラーゲンのハリを保つため、
    乾燥肌を避けましょう。
    化粧水で水分を与え、乳液で保湿するほか、セラミド
    配合のコスメも有効な予防手段です。

 

 

ケ ア:開いた毛穴に詰まった汚れをきれいに落とし、お肌の
    水分を保持しつつ、引き締める対策を行いましょう。
    洗顔後の保湿が大切です。

 

 

 

毛穴開き

 

 

 

 

 

toppage

リンク集

関連ページ

シミ
肌トラブルの中でも、メジャーなのが「シミ」です。 加齢とともにあきらめていませんか? シミは防ぐこともできれば、消すこともできます。
シワ
加齢による肌トラブルの象徴のように思われている「シワ」ですが、今の年齢でそのシワに納得していますか? あと10歳若い肌が本当の肌かも知れません。
ニキビ
肌トラブルの中でも、最も若いうちから悩みが始まり、目立ち、跡が残ると長く引っ張るものです。 予防できればベストです。
ニキビ跡
肌トラブルの中でも、治りにくいものの一つですが、その原因となる「ニキビ」対策をすることで、予防することができます。
たるみ
水分とハリを失った肌の姿です。 内側からと外側からのケアが大切になります。
吹き出物
ニキビと混同されがちな吹き出物 でも、実際は別物なので、ケアも予防法も異なります。
花粉症皮膚炎
人によってアレルギー反応を示す花粉は様々ですが、症状を訴える人が最も多いのが、スギです。 2月になると、目のかゆみ、鼻水に苦しむ人が増えますが、皮膚にも炎症を及ぼすことがあります。
汗疹
夏の子どもの定番とも言える汗疹が、気温の上昇に伴って大人の肌にも襲い掛かっています。 この汗疹を予防し、治すためにはどうすれば良いのでしょうか?