ニキビ

ニキビ

ニキビ

 

 

 

 

 

 

 

原因

 

睡眠不足や食事の偏り、ストレスなどたくさんの原因がありますが、スキンケアの観点からの原因は・・・

 

 

 ●脂分が多いコスメの選択

 

   脂分が多いコスメを使用すると、回復に時間がかかるとともに、皮膚常在菌のバランスも
   保たれません。

 

 

 ●化学合成物などの刺激物が多いコスメの選択

 

   合成化学物質に、お肌が過敏に反応することがあります。

 

 

 ●洗い過ぎ

 

   ゴシゴシ洗いでお肌を刺激したうえに、必要な皮脂まで洗い流されて、乾燥肌になります。
   さらにそれを経て脂性肌へと至ります。

 

 

 ●乾燥肌からのアクネ菌侵入

 

   バリア機能が落ちた皮膚から、ニキビの原因菌であるアクネ菌が毛穴に侵入して、ニキビを
   作ります。
   このニキビには、「芯」があり、これを取り除いたり縮小させることで治癒します。

 

アクネ菌ニキビ

 

 

 ●脂性肌によるマラセチア菌の繁殖

 

   乾燥肌を経て脂性肌になったり、汗をかく季節には、アクネ菌とは違った「マラセチア菌」
   が繁殖します。
   これは、皮質や汗を好物とする、「カビ」の一種で、正確には「マラセチア毛包炎」です。

 

   マラセチア毛包炎は、小さなポツポツが広範囲にでき、芯が無く、放置しておいても
   治癒しません。

 

マラセチア菌ニキビ

 

 

予防法

 

脂っぽい食事を避ける、睡眠を充分にとるなどの対策はもちろんですが、

 

 ●肌への刺激が少ない洗顔料を選ぶ
 ●優しくマイルドに洗って、皮脂と常在菌バランスを保つ
 ●保湿を行って潤いを保つ

 

ことで、効果的にニキビを予防できます。

 

 

大人ニキビ

 

 

 

toppage


リンク集

関連ページ

シミ
肌トラブルの中でも、メジャーなのが「シミ」です。 加齢とともにあきらめていませんか? シミは防ぐこともできれば、消すこともできます。
シワ
加齢による肌トラブルの象徴のように思われている「シワ」ですが、今の年齢でそのシワに納得していますか? あと10歳若い肌が本当の肌かも知れません。
ニキビ跡
肌トラブルの中でも、治りにくいものの一つですが、その原因となる「ニキビ」対策をすることで、予防することができます。
たるみ
水分とハリを失った肌の姿です。 内側からと外側からのケアが大切になります。
毛穴
汚れや角栓を抱え込んで、開いたり閉じたり、目立つのが毛穴のトラブルです。 しっかりケアして、きめが整った肌を保ちましょう。
吹き出物
ニキビと混同されがちな吹き出物 でも、実際は別物なので、ケアも予防法も異なります。
花粉症皮膚炎
人によってアレルギー反応を示す花粉は様々ですが、症状を訴える人が最も多いのが、スギです。 2月になると、目のかゆみ、鼻水に苦しむ人が増えますが、皮膚にも炎症を及ぼすことがあります。
汗疹
夏の子どもの定番とも言える汗疹が、気温の上昇に伴って大人の肌にも襲い掛かっています。 この汗疹を予防し、治すためにはどうすれば良いのでしょうか?