ニキビ跡

ニキビ跡

酷いニキビをつぶしたりした後にいつまでも残り、ニキビより長い付き合いを
しなければならないのが「ニキビ跡」です。
ニキビの症状によって、できるニキビ跡の種類が異なります。

 

原因

 

●酷いニキビの場合

 

ニキビによる炎症が重症だった場合、毛穴の周囲の皮膚組織が大きく損傷して
傷痕として残ってしまうことがあります。

 

 

●繰り返す場合

 

何度も同じ場所に繰り返しニキビができる場合も、皮膚組織が損傷して
傷痕が残ることがあります。

 

 

●自分で潰した場合

 

自分で強引に潰してしまった場合、手指や器具に雑菌が付着していて、
皮膚組織に侵入し、さらに炎症を悪化させて、皮膚組織を損傷して
しまいます。

 

特に白ニキビや黒ニキビは、まだ毛穴に炎症が起きていない状態で、無理やり
中身を絞り出す行為で、炎症を起こさせる可能性があります。

 

 

治療

 

バルクオムには、ニキビと同様ニキビ跡を治療する効果はありません。
しかし、症状によっては、正しいスキンケアで肌を健康な状態に戻し、
ニキビの発生を予防しながら、自然治癒力を発揮することがあります。

 

重症化しているニキビ跡の治療は、こちらから

 

⇒ ベルブランのニキビ跡対策

 

 

予防

 

ニキビ跡を予防するには、ニキビ予防がお約束です。
ニキビを予防するためには、高機能、低刺激の天然成分メンズコスメ
バルクオムで、正しいスキンケアを行うことがおすすめです。

 

 

リンク集

関連ページ

シミ
肌トラブルの中でも、メジャーなのが「シミ」です。 加齢とともにあきらめていませんか? シミは防ぐこともできれば、消すこともできます。
シワ
加齢による肌トラブルの象徴のように思われている「シワ」ですが、今の年齢でそのシワに納得していますか? あと10歳若い肌が本当の肌かも知れません。
ニキビ
肌トラブルの中でも、最も若いうちから悩みが始まり、目立ち、跡が残ると長く引っ張るものです。 予防できればベストです。
たるみ
水分とハリを失った肌の姿です。 内側からと外側からのケアが大切になります。
毛穴
汚れや角栓を抱え込んで、開いたり閉じたり、目立つのが毛穴のトラブルです。 しっかりケアして、きめが整った肌を保ちましょう。
吹き出物
ニキビと混同されがちな吹き出物 でも、実際は別物なので、ケアも予防法も異なります。
花粉症皮膚炎
人によってアレルギー反応を示す花粉は様々ですが、症状を訴える人が最も多いのが、スギです。 2月になると、目のかゆみ、鼻水に苦しむ人が増えますが、皮膚にも炎症を及ぼすことがあります。
汗疹
夏の子どもの定番とも言える汗疹が、気温の上昇に伴って大人の肌にも襲い掛かっています。 この汗疹を予防し、治すためにはどうすれば良いのでしょうか?