シミ

炎症性色素沈着

シミ

 

 

 

 

 

 

 

 

原 因

 

お肌に合わない化粧品を使用してのかぶれや、ニキビ、カミソリまけ、火傷の後にできます。
皮膚に炎症を起こした後に、こげ茶色にできるシミで、ニキビ跡もこの炎症性色素沈着に
あたります。

 

 

予防法

 

お肌に合ったコスメ商品を使用し、かぶれや吹き出物、ニキビ予防を徹底するとともに、
髭剃り後の乾燥肌ケアを十分に行いましょう。

 

 

ケ ア

 

ターンオーバーが正常であれば、時間の経過とともに自然に消えますが、紫外線予防と
保湿に重点を置いたスキンケアをしましょう。
乾燥肌の場合は代謝が落ちて、ターンオーバーがうまくいかなくなっているため、保湿に
よって乾燥肌を脱出しましょう。

 

 

炎症性

 

 


老人性色素沈着

原 因

 

日焼けによって肌の老化が進んでできるシミ、境目がはっきりしているのが特徴で、
早い人は10歳代からできる人もいます。

 

頬骨などの高くなった部分から円形にできるシミ、ノーメイクの人や外に出る事が
多い人にできやく、車を運転する人は、ハンドルがある方の手の甲に出やすい
ため、日光が原因です。

 

 

 

予防法

 

日光に当たらないようにするのが理想ですが、そんなわけにはいかないので、
外出の際には、適度な日焼け止めを塗って、日焼けを防ぎ、皮膚の炎症を
抑えましょう。
また、車の運転時には、手袋や腕カバーも有効です。

 

 

ケ ア

 

できてしまったばかりのシミであれば、美白化粧品でうすくなったりします。
気づいたら早めのケアが大切です。
日焼けで黒くなった段階から、メラニンの分解を促すべく、スキンケアを行い
ましょう。

 

 

老人性

 

 

 

 

 

toppage

リンク集

関連ページ

シワ
加齢による肌トラブルの象徴のように思われている「シワ」ですが、今の年齢でそのシワに納得していますか? あと10歳若い肌が本当の肌かも知れません。
ニキビ
肌トラブルの中でも、最も若いうちから悩みが始まり、目立ち、跡が残ると長く引っ張るものです。 予防できればベストです。
ニキビ跡
肌トラブルの中でも、治りにくいものの一つですが、その原因となる「ニキビ」対策をすることで、予防することができます。
たるみ
水分とハリを失った肌の姿です。 内側からと外側からのケアが大切になります。
毛穴
汚れや角栓を抱え込んで、開いたり閉じたり、目立つのが毛穴のトラブルです。 しっかりケアして、きめが整った肌を保ちましょう。
吹き出物
ニキビと混同されがちな吹き出物 でも、実際は別物なので、ケアも予防法も異なります。
花粉症皮膚炎
人によってアレルギー反応を示す花粉は様々ですが、症状を訴える人が最も多いのが、スギです。 2月になると、目のかゆみ、鼻水に苦しむ人が増えますが、皮膚にも炎症を及ぼすことがあります。
汗疹
夏の子どもの定番とも言える汗疹が、気温の上昇に伴って大人の肌にも襲い掛かっています。 この汗疹を予防し、治すためにはどうすれば良いのでしょうか?