シワ

小ジワ

シワ

原 因

 

冷暖房や、紫外線による刺激、空気の乾燥によって、肌が乾燥したり、毎日のスキンケア
不足によってできてしまいます。

 

 

予防法

 

二十歳前になったら、紫外線予防を取り入れて、肌に紫外線のダメージを与えないようにしましょう。
季節に応じて日傘・サングラス・UVグッズなども活用してください。
スキンケア化粧品の成分も、抗酸化作用・代謝促進作用のある成分配合の化粧品を選びましょう。

 

肌にハリを与えるために、コラーゲンの摂取も有効です。
外から保湿するときには、ヒアルロン酸よりも、セラミドを含んだコスメの方が効果的です。

 

 

小じわ


シワ

原 因

 

皮膚の老化と紫外線にあたった結果、シワができてしまいます。
毎日のスキンケアの仕方が間違っていて、皮膚を引っ張ったり伸ばしたりマッサージをした結果、
シワを深くしてしまうことも多いので要注意です !

 

 

予防法

 

抗酸化作用のあるスキンケア用品の使用と、乾燥肌の防止、UVカットで抑制しましょう。

 

 

ケ ア

 

残念なことですが、深くなってしまったシワをスキンケアや、抗シワといわれる化粧品を使っても、
完全に消すことはできません。
ヒアルロン酸やセラミドで潤いを与え、コラーゲンなどでハリを保つことで薄くできます。

 

 

しわ

 

 

 

 

 

toppage

リンク集

関連ページ

シミ
肌トラブルの中でも、メジャーなのが「シミ」です。 加齢とともにあきらめていませんか? シミは防ぐこともできれば、消すこともできます。
ニキビ
肌トラブルの中でも、最も若いうちから悩みが始まり、目立ち、跡が残ると長く引っ張るものです。 予防できればベストです。
ニキビ跡
肌トラブルの中でも、治りにくいものの一つですが、その原因となる「ニキビ」対策をすることで、予防することができます。
たるみ
水分とハリを失った肌の姿です。 内側からと外側からのケアが大切になります。
毛穴
汚れや角栓を抱え込んで、開いたり閉じたり、目立つのが毛穴のトラブルです。 しっかりケアして、きめが整った肌を保ちましょう。
吹き出物
ニキビと混同されがちな吹き出物 でも、実際は別物なので、ケアも予防法も異なります。
花粉症皮膚炎
人によってアレルギー反応を示す花粉は様々ですが、症状を訴える人が最も多いのが、スギです。 2月になると、目のかゆみ、鼻水に苦しむ人が増えますが、皮膚にも炎症を及ぼすことがあります。
汗疹
夏の子どもの定番とも言える汗疹が、気温の上昇に伴って大人の肌にも襲い掛かっています。 この汗疹を予防し、治すためにはどうすれば良いのでしょうか?