紫外線 対策

紫外線の話

紫外線の影響は?

 

お肌の大敵と言えば、冬は多くの方が「乾燥」」と答えるでしょう。
そして、夏なら「紫外線」という答えが、ほぼ100%だと思います。なぜなら、紫外線は、メラニン色素を
生成させる原因となっていることは、皆さんご存知のとおりで、それが定着すると、シミ・ソバカスなどの
消えにくい肌トラブルとなります。

 

しかし、夏は、肌が強い紫外線の刺激を受けて、真皮から水分を蒸発させて、一見しただけではわからない
乾燥肌を作っていることは意外と実感されないためか、知っている人は少なくなっています。
つまり、紫外線は乾燥にもシミ・ソバカスにも良くないものです。

 

紫外線は、体内でビタミンDを生成するために必要なもので、昔は母子健康手帳にも「日光浴」の項目が
ありましたが、今では害の方が大きく、日光浴の項目は削除されました。

 

適切な量の紫外線を浴びつつ、体を守るためにはどうすれば良いか?
そんな紫外線から身を守るために、少しだけ勉強してみませんか?

リンク集

紫外線の話記事一覧

・紫外線を遮断する必要脱毛と髭剃り女性の方で、春になると脱毛サロンへ通う方が増えてきます。暖かくなると服装も薄着になり、肌の露出が増えることもありますが、夏になると海やプールへ出かけるために、ムダ毛の処理はどうしてもしておきたくなるんですね?では、なぜ?こんな早いうちからサロンへ通ったりするのでしょうか?これは簡単!「予約が取りづらい」事と、一度に施術できないからです。それだけたくさんの女性がムダ...

どう違う?紫外線A波とB波春から秋にかけて強烈になる「紫外線」適度に浴びる事は、体の成長・維持に必要な事ですが、近年ではオゾン層の破壊に伴ってその脅威が大きくなっています。強すぎる紫外線は、目に見える「可視光線」の波長が短い方の外側にある光線です。紫色に見える光線の外側にあるので「紫外線」なのでしょうか?さらに波長が短くなると、X線やガンマ線となります。A波〜C派の3種類ある太陽からの紫外線のうち...

個人差がある日焼け時間私たちは、外出すると、必ず日焼けします。お天気の良い日だけに限らず、曇り空でも同じです。日なたに出るということは、紫外線を浴びることです。紫外線は、体にとって有害なイメージが強いのですが、適度な紫外線を浴びることは、体に必要なことなのは間違いありません。。最もお手軽に紫外線を浴びる方法は「日光浴」です。この日光を浴びることによって、私たちの体は1.ビタミンDを合成します。2....

紫外線に負けない温泉効果毎年コスメメーカーが実施している「美肌県グランプリ」が2017年にも開催されました。これは、各県在住の幅い広い年代の女性を対象に、肌質を左右する5大要因である水蒸気密度・日照時間・生活習慣・肌荒風・毛穴熱風をベースに、肌の状態を示す6項目を偏差値化して順位を決めたものです。2017年は、上位の順位が大きく動きました。上位県と気候の関係昨年まで美肌ランキングと気候には、密接な...