A波 B波

紫外線A波とB波の違い

どう違う?紫外線A波とB波

 

春から秋にかけて強烈になる「紫外線」適度に浴びる事は、体の成長・維持に必要な事ですが、
近年ではオゾン層の破壊に伴ってその脅威が大きくなっています。

 

強すぎる紫外線は、目に見える「可視光線」の波長が短い方の外側にある光線です。
紫色に見える光線の外側にあるので「紫外線」なのでしょうか?
さらに波長が短くなると、X線やガンマ線となります。

 

A波〜C派の3種類ある太陽からの紫外線のうち、地球に届くのはA波とB波です。
B波の方がA波に比べて波長が短くなります。
B波より波長が短いC派やX線、ガンマ線は、オゾン層に阻まれて地上に届くことはありません。
しかし、このままオゾン層の破壊が進めば、今よりもさらに大きな脅威となるでしょう。

 

では、地上に届いて私たちが浴びている紫外線A波とB波、波長の違いで何が違うのでしょうか?

 

 

紫外線A波

 

  B波ほど急激な肌への影響を与えませんが、B波よりも肌の奥深くまで到達して、
  ジワジワと影響を及ぼします。
  コラーゲンを変性させてシワの原因になるなどが、A波の影響です。
  雲やガラスを透過しやすいため、日当たりのよい家屋の中でも対策が必要です。

 

  日焼け止めを選ぶ時の参考数値は「PA」を見てください。
  “+”の数が多いほど防御能力が高いという事です。

 

      <PA分類 表記例>

 

      PA +   「 効果がある」
      PA ++ 「 効果がかなりある」
      PA +++ 「 効果が非常にある」
      PA ++++ 「 効果が極めて高い」

 

 

 

紫外線B波

 

  直射日光を長時間浴びることで、肌が真っ赤に日焼けして水ぶくれができる
  この原因がB波です。
  強いエネルギーで肌表面の細胞を傷つけるため、皮膚がんやシミ、ソバカスの
  原因になります。
  日常生活の中では、日陰に入ることである程度防ぐことができます。

 

  日焼け止めを選ぶ時の参考数値は「SPF」を見てください。
  数値が大きいほど、日焼けしてしまうまでの時間を延ばせるという意味です。

 

     日焼けするまでの時間は、個人によって差があります。
     同じ強さの紫外線を浴びても、10分で日焼けする人がいれば、20分かかる人もいます。
     SPFとは、その時間を何倍まで延ばせるかを表したもので、SPF30の日焼け止めなら
     30倍、10分の人なら300分(5時間)、20分の人なら600分(10時間)という事に
     なります。

 

 

日焼け止めをよく見ていますと、SPF30 PA++とか、SPF35 PA+++などの商品があります。
SPF値が高い物がPAも優れているとは限らないので、目的に会った日焼け止めを選びましょう
また、安価な化学物質で合成されている商品は、お肌のトラブルの要因となることも
あるため、天然由来成分由来のものがおすすめです。

 

SPFPA

 

日常の生活の範囲であれば、SPF20 PA++で充分です。

 

バルクオムの日焼け止めは、天然由来成分でSPF40、PA+++の高性能
日焼け止めです。

 

 

 

toppage

リンク集

関連ページ

紫外線を遮断する必要性
紫外線が肌の大敵と言うのであれば、その大敵から肌を守らなければなりません。 どこへ行ってもついて回る紫外線から、どのように守ればよいのでしょうか?
日焼け時間
皆さんが気にする日焼けですが、夏休みに海やプールに出かけなくても、短い時間で肌が真っ赤になることがあります。 人の体はどのくらいの時間で日焼けしてしまうのでしょうか?
美肌と紫外線と温泉
毎年発表される、「県別美肌ランキング」は、大きく順位が変動する地区や、安定して上位に位置する地区、そして長年下位に沈む地区があります。 その中で、紫外線と温泉の関係が順位に影響を与えていることが分かりました。